箸袋の印刷用データ作成方法

箸袋の印刷用データの作り方をご案内いたします。デザインデータ作成においての注意点がいくつかありますので、こちらのページを参考にデータの作成をお願いいたします。

1.入稿対応データ形式

  • PDF(推奨)
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Microsoft Word
  • Microsoft PowerPoint

2.デザイン作成について

箸袋のデザインを作成する際は、表面と裏面を開いた状態でご作成ください。
※箸袋は全面印刷はできません。必ずデザインの周囲に白の余白が入ります。

 
 

chopctick-case-2

 
 
 

テンプレート

データ作成の際は箸袋のテンプレートをご利用ください。
すでにガイド線やトンボが配置されているため、規定サイズのデータを簡単に作ることができます。サイズ間違いなどによるデータ入稿のやり直しリスクが少なくなりますので、テンプレートのご利用をおすすめいたします。

箸袋のテンプレート一覧

 
 
 

裏面のデザインについて

裏面の文字方向はお客様の任意ですが、一般的に裏面のデザインの天地を表面と逆にすることが多いです。
 

スクリーンショット 2016-06-16 18.49.12

 
 
 

色について

背景に濃い色味を設定すると、用紙の特性上、色が沈んでしまう場合があります。
工場にて印刷が困難と判断された際には、受付日確定後にもご連絡させていただきますので、あらかじめご了承ください。
 
 
 

印刷可能な文字サイズおよび線幅サイズ

下記サイズが印刷可能な文字サイズおよび線幅サイズとなります。
これより小さいサイズでは文字や線が潰れたり、かすれてしまいますので、ご注意ください。
※小さい文字は、明朝等の細い文字は避けてゴシック体等の強弱がない書体にすると潰れが軽減できます。

印刷可能な文字サイズ 印刷可能な線幅サイズ
6ポイント以上
(白抜きの場合は7ポイント以上)
※書体によって異なります
0.3ポイント(0.1mm)以上
(白抜きの場合は0.5ポイント以上)

 
 

3.入稿前セルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を必ず行ってください。また、ラクスルでは入稿形式はPDF形式を推奨しております。ネイティブデータに比べて印刷時のトラブルが少なく出荷日への影響が軽減されます。

入稿前に必ずご確認ください

  1. 入稿前チェックガイド
  2. PDFデータ作成ガイド

 
 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった