新聞折込向けB3チラシの印刷用データ作成方法

新聞折込向けB3チラシの印刷用データの作り方をご案内いたします。

 

対応データ形式 PDF(推奨)、Illustrator、Photoshop、Word、PowerPoint、InDesign

1.印刷用テンプレートをダウンロード

テンプレートをご利用いただくと、規定サイズのデータが簡単に作れます。またサイズ間違いなどによるデータ入稿のやり直しリスクが少なくなります。
※裏表でデータを作る際は、1ファイルに片面ずつデータを作成し、裏表分の2つのファイルを入稿してください。
断裁無しの場合は余白が残ります。また上下辺にギザ目、ダイヤマーク、鍵穴が付きます。

 

2.デザイン作成時の注意点

  • 印刷可能範囲をまずご確認ください。
  • 断裁無し(フチあり)と化粧断裁(フチなし)のいずれかをお選びください。
    • 断裁無し(フチあり)の場合
      周囲に余白が残り、上下辺にギザ目、ダイヤマーク、鍵穴が付きます。断裁をしませんので、塗り足しを作ったり文字を内側に収める必要はありません。

     

    • 化粧断裁(フチなし)の場合
      通常のチラシ・フライヤーと作成上の注意は同じです。断裁をしますので、ズレを考慮して、塗り足しを作ったり文字を内側に収める必要があります。

     

    3.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

    デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
    データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を行ってください。

    アプリケーション別チェックガイド

    入稿前に必ずご確認ください

    1. 入稿前チェックガイド
    2. PDFデータ作成ガイド

     

    合わせてこちらの特集記事もご覧ください。

     

    このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった