カラー設定:Photoshop

印刷用データ作成の基礎講座:CMYKとRGB」にて解説させていただいた通り、印刷データは「CMYKカラー」で作成する必要があります。また、ラクスルでは「特色(スポットカラー)」で印刷をすることができませんので、予めデータを「CMYKカラー(プロセスカラー)」で作成していただく必要がございます。ここでは「CMYKカラー」の設定方法をご案内いたします。

また、モノクロ印刷は「グレースケールモード」で作成してください。詳しくは「グレースケールの設定」をご確認ください。

※Photoshop ElementsではCMYKカラーモードの設定ができません。

CMYKのカラーモード設定

「新規ドキュメント作成」時に、必ずカラーモードは「CMYK」を選択してください。「RGB」は使用しないでください。

photo_color01

 

作成済みのドキュメントのカラーモード変更

メニュー「イメージ」→「モード」で変換してください。
その際、RGBカラーなどをCMYKに変換すると、CMYKで再現できない色域が失われ、フィルタなどの一部の機能が使用できなくなりますので、カラーモード変換後にデータを確認してください。

photo_color02

※また、「ダブルトーンモード」「スポットカラーチャンネル」もご使用いただけません。
「ダブルトーンモード」「スポットカラーチャンネル」はCMYKに変換してください。

 

ダブルトーンの場合

ダブルトーンとはブラック以外の単色のインキ、または2色、3色、4色のインキを使用して印刷するグレースケール画像。
メニュー「イメージ」→「モード」→「CMYKカラー」で変換。

photo_color03

 

特色の変換

スポットカラーチャンネルとは、CMYKのプロセスインキに追加して使用する、特色などのスポットカラーチャンネルのことです。「チャンネルパレット」でご使用の「スポットカラーチャンネル」を選択し、「チャンネルパレット」のサブメニューから「スポットカラーチャンネルを統合」を選択して変換します。

photo_color04

※カラーモード変換後は元のカラーモードに戻しても色味は元の状態に戻りません。あらかじめ別名保存をした上で、実施ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった