オペレーターチェック入稿 印刷用データ入稿方法

「オペレーターチェック入稿」でのデータ入稿の手順についてご案内いたします。

 

  • ご入稿の前に必ず「入稿前チェックガイド」をご確認の上、セルフデータチェックを行ってください。
  • 入稿可能なデータに関しては「入稿可能なデータの拡張子」をご確認ください。
  • 「オペレーターチェック入稿」では、ご入稿からデータチェック結果をご案内するまでに、通常半日〜1日ほどいただきます。混雑状況によって時間の変動がございます。
  • 注文当日中に印刷用データの最終確認をご希望の場合は、平日20:00・土日祝16:00までに「データチェックお急ぎ便」をお選びの上、データをご入稿してください。冊子印刷はその2時間前までにご入稿ください。

 

データ入稿の方法

1.データ入稿ページを開く

注文後、下記入稿画面よりデータ入稿が可能になります。

  • a.購入完了画面からデータ入稿をする場合
  • b.マイページからデータ入稿をする場合

 

 

2.「データ入稿」ボタンをクリック

  • データ入稿ページで該当する注文番号に対する「データ入稿」のボタンをクリックします。

 

3.入稿するデータファイルを選択

  • data_upload_01
  • 「データ入稿するファイルを選択」をクリックし、パソコンの中にあるファイルを選択します。(商品によって、多少画面が異なる場合がございます)

 

  • 続けて複数データを入稿したい場合(両面印刷等)は、「続けて次のファイルを選択」をクリックしてファイルを選択してください。

 

  • アップロードしたいファイルを全て選択できたら、「次へ進む」ボタンを押してください。

 

4.データファイルをアップロード・情報入力

  • submit-data5
  • データをアップロードしたら、入稿データに関する事項を入力し「PDF確認あり」または「PDF確認なし」を選択してください。
    上記入力が完了したら「この内容で入稿ボタン」をクリックしデータ入稿までのステップが完了となります。
    入稿データに関する事項:ラクスルでのデータチェックの際に必要となる情報です。
    PDF確認あり:印刷の前にチェックが完了し印刷用データに変換されたものを、お客様に最終確認いただいた後印刷工程へ進みます。
    PDF確認なし:ラクスルでのデータチェックが完了後、お客様の最終確認なしで印刷工程へ進みます。データに不備があった際はメールで最終確認を依頼する場合があります。

 

データ入稿時の注意点

  • 1回の入稿につきデータ容量は2GBまでとなります。
  • データを圧縮する際は、zip形式を推奨しております。その他の場合、ラクスル側で解凍できない可能性があります。
  • データ入稿の対象となるファイル・入稿データについては「対象アプリケーションと入稿形式」を必ずご覧ください
  • 「PDF確認あり」またはデータに不備があった場合、ラクスルでのデータチェック終了後「お客様による印刷データの最終確認」が必要です。ご確認いただけない場合、印刷工程へと進むことができませんので、ご留意ください。
  • ファイル名は半角英数字でお願いいたします。半角英数字以外を使われている場合、文字化けやデータ破損の原因となります。

 

印刷データの最終確認

  • データチェック結果はメールにてお送りさせていただきます。メールに記載された最終確認のためのページにアクセスいただき「確認用PDFをダウンロード」をクリックし、データに不備がないかの最終確認をお願いいたします。
    ※確認用PDFは閲覧用に解像度を落としたものを提出しております。
    ※入稿されたデータと間違いないか、ページ数やフチの仕上がり、お客様自身の誤字脱字が無いか等ご確認ください。
    「確認用PDF」や注文内容に変更・修正がなく「このまま印刷工程に進んでも良い」という場合には、項目にチェックを入れた上で「データを確定する」ボタンをクリックしてください。
  • PDF確認するためのAdobe Acrobat Readerのバージョンは、DCを推奨しております。こちらよりダウンロード可能です。

    【ご注意】
    確認用PDFに細い白い線が入ることがありますが表示上の問題で印刷には反映されない場合があります。印刷に反映されない線かどうかをご自身で確認される場合は、よくある質問の[確認用PDFに細い線が入っていますが大丈夫でしょうか?]をご確認ください。

混雑状況によって時間の変動がございますが、ご入稿からお客様へ印刷データのご確認をお送りするまでに、通常半日〜1日ほどいただきます。
修正がある場合や注文内容に変更がある場合は、ボタンを押す前にカスタマーサポート(03-4577-9200)へご連絡ください。

印刷で失敗しないコツは印刷用テンプレートを利用して、PDF形式で入稿することです!

  • 「サイズ間違い」「塗り足し不足」といった不備は印刷用テンプレートの利用で回避できます。
  • PDF形式での入稿はそのままのデータに比べて格段にデータトラブルの危険性が軽減します 。
  • PDF形式での入稿は容量の重いデータも軽くなる可能性があります。
  • 入稿に対応していないExcel等のデータでもPDF形式に変換して入稿いただければ印刷可能です。
    1. 印刷用テンプレートをダウンロード
    2. PDFデータ作成ガイド

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった