オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オンデマンド印刷機の性能向上は著しく、現在ではオフセットと比較しても品質は遜色が無いくらい高品質になってきました。そのため、ご利用上はオフセット印刷もオンデマンド印刷は大きな差はなく安心してご利用いただけます。

一方で方式の違いによりそれぞれ特徴がございますため、下記にてご説明いたします。

オフセット印刷の特徴

オフセット印刷とは、印刷する際に版を利用する印刷方式です。

写真や文字を高精細に印刷できるため、現在の商業印刷の主流をなしています。

ロットが大きくなるほど1枚当たりの単価が安くなる特徴があります。

 

■オフセット印刷に向いているもの

・大部数での印刷の場合

・写真や文字を高精細に印刷したい場合

 

【オフセット印刷の流れ】

オンデマンド印刷の特徴

オンデマンド印刷とは、印刷データを直接紙に印刷する方式です。

版を作る必要がありません。

そのため、小部数でもお安く、必要な部数を印刷することができます。

 

■オンデマンド印刷に向いているもの

・小部数での印刷の場合

・短納期での印刷の場合

 

■オンデマンドが苦手なもの

性能向上が著しいオンデマンド印刷ではありますが、オフセットと比較すると苦手とする表現もございます。

そのため下記のようなデザインが含まれている場合はご注意ください。

 

【注意が必要なデザインとオフセット印刷との差分】

・広範囲のベタ:マット調の仕上がりになる/色むらがでることがある

・淡い色調・グラデーション:再現性がオフセット印刷に劣る

・小さな文字や罫線:少し太くなることがある

 

細部でより表現にこだわりたい場合には、オフセット印刷をおすすめしております。

 

【オンデマンド印刷の流れ】

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった