ポスターの印刷用データ作成方法

ポスターの印刷用データの作り方をご案内します。

ポスターのデータ作成方法

1.印刷用テンプレートをダウンロード

 
テンプレートをご利用いただくと、規定サイズのデータが簡単に作れます。またサイズ間違いなどによるデータ入稿のやり直しリスクが少なくなります。
※裏表でデータを作る際は、1ファイルに片面ずつデータを作成し、裏表分の2つのファイルを入稿してください。
 
すでにデータをお持ちの場合は、下記の形式で作成されているかご確認ください。

入稿対応データ形式 PDF(推奨)、Illustrator、Photoshop、Word、PowerPoint

 

2.デザインする

下の図の注意事項に気をつけながらデザイン作成してください。

 

  • ポスターは用途的に離れて見ることが多いため、解像度は150~200dpiあれば十分とされております。

 

 

3.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

 
デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を必ず行ってください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった