Magazine

集客

最新記事一覧

チラシで反響を出すために重要なこととは?

チラシを配る上で気になるのは反響が出るかどうかですよね。ですがなかなか反響を出せる方法が分からず日々試行錯誤している方も多いと思います。今回の集客講座では、反響に影響を与える項目ごとにそれぞれで重要な考え方、押さえるべきポイントをまとめています。少し長いですが集客にお悩みの方はぜひ最後までお読みください。

広告制作の基礎知識、AIDMA(アイドマ)とは?

広告制作の基礎知識、AIDMA(アイドマ)とは?

AIDMA(アイドマ)とは左の5つの英単語の頭文字を取ったもので、アメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」をするまでに人はどのような心理的な移り変わりをするかという内容です。 「消費行動」と広告は大きな関わりがあるため、広告業界では常に意識して使われる理論になります。今回は「ラクスル集客講座」と題しましてこのAIDMAについて説明していきたいと思います。

チラシを制するものは年末商戦制す!チラシ集客の準備をするなら今!

チラシを制するものは年末商戦制す!チラシ集客の準備をするなら今!

クリスマスやお正月のイベント毎に加え、12月はボーナスが出る時期。1年のうちで最も購買需要が大きくなるタイミングといっても過言ではないでしょう。自然と売上げが伸びるから大丈夫!ではなく、需要が大きくなる時期だからこそ、効率的な集客で売上の大幅UPを狙いましょう!

反響率UP!ポスティングで効果を出すためのコツ

反響率UP!ポスティングで効果を出すためのコツ

「ポスティングをやってみたいけれども効果が心配」「ポスティングを実施したけれども効果がいまいち分からない」といった悩みをお抱えの方も多いのではないでしょうか?ポスティングの反響率は一般的には0.5%~0.8%程度と言われていますが、チラシのデザインや配布エリア、商材など多くの要素によって大きく異なり、5%の反響があったという例もあります。ここでは、高い反響率を得るために注意すべきことをご紹介いたします。

イベント、集客に大活躍!ポスター印刷活用法

イベント、集客に大活躍!ポスター印刷活用法

チラシの活用法はわかるけれど、ポスターの活用法がよくわからないという声を多くいただきます。そこで、今回の特集では、ポスター印刷がどのような所で活用されているかをご紹介いたします。

チラシ配布に時間をとられすぎていませんか?

チラシ配布に時間をとられすぎていませんか?

お店、自社商品の集客・販促をするにあたって、チラシの配布は効果的な上に安価で手軽な手段の1つです。ただ、その手軽さゆえに、スタッフの時間をチラシ配布にとられすぎていませんか?

【集客サイクル】見込み客の獲得から優良顧客への育成方法を伝授!

【集客サイクル】見込み客の獲得から優良顧客への育成方法を伝授!

商売をする上で切っても切り離せないもの、それは集客と販促です。常に新しいお客様を呼び込み続けること、そして何度も来てくれるお客様に育て上げることが非常に重要ですよね。そこで今回の特集ではラクスルがおススメする集客サイクルをご紹介します。

紙のダイレクトメールとEメールを使い分けて集客しよう!

お客様への案内を送るときに紙のダイレクトメールで送るべきか、Eメールで送るべきか悩んだことありませんか?もしくはどちらでも同じじゃないかと思っていませんか?紙のダイレクトメールとEメールとでは使うべきシチュエーション、期待できる効果が違ってきます。 無駄なコストと時間をかけずに集客するために正しく紙のダイレクトメールとEメールを使い分けしましょう。ポイントを紹介しますので参考にしてください。

発行するだけじゃダメ!効果的なクーポンを使った集客法

集客に大きな影響力のあるクーポンですが、結果的にこのクーポンがお店の売上を圧迫していることがあります。もちろんクーポンの影響力は否定できません。クーポンがあることで新規購入や来店となる影響度は80%以上という調査結果がMMD研究所から発表されています。 ただし、何も考えずにクーポンを発行するだけではダメなんです。世の中がクーポンだらけになった時代、効果的なクーポンの使い方が必要になっています。

「一番効果が高いのは?」業種別のおすすめ集客方法3選

チラシにDM、フリーペーパーにSNS。世の中には数多くの集客ツールが溢れています。これらのツールにはそれぞれ特徴がありますが「その効果をもっとも発揮できる業界はどこか」これを知っている人は多くありません。この記事では、3つの業界とその業界にもっとも適した集客ツールをご紹介します。

ポスティング・新聞折込の反響率を改善する3つの方法

ラクスルでは、ポスティング・新聞折込を実施くださっているお客様の実施結果を分析し、さらにお客様の集客のために、そのノウハウを役立てていきたいと考えております。ポスティング・新聞折込を実施されたお客様からのもっとも多いご相談は、「どうすればもっと反響が得られるか?」 何度も試していくことで精度があがっていくものですが、できれば最短でその方法にたどりつきたいですよね。今回は、「反響率を改善する3つの方法」を伝授いたします!

値引きキャンペーンのメリットとデメリットって、何?

自社の商品が売れない場合、値引きキャンペーンをしなければなりませんが、どのようなメリットとデメリットがあるのか、ご存知でしょうか?値引きキャンペーンは、売れない時に利用する時もありますが、使用目的はそれだけではありません。今回はそんな値引きキャンペーンについて詳しく説明します。

20代の若者を効率よく集客する3つのポイント

「◯◯離れ」と消費をしなくなった行動ばかり注目される20代の若者たち。でも本当に消費が嫌いなわけではなく、プロモーションが彼らにきちんと届いていないのが最大の理由です。そんな20代の若者に響く集客方法を紹介します。

新規集客の基本「AIDMAの法則」について学ぼう!

新規のお客さまが上手く集客できないとき、間違った集客方法を行っている場合がほとんどです。正しい集客方法を行うには、お客さまが商品を買ったり、サービスを受けようとするときの心理プロセスを理解する必要があります。そしてAIDMA(アイドマ)はその心理プロセスの基本原則となります。

プレスリリースを使った効率的な集客方法

プレスリリースとは「ニュースサイトや情報サイトの媒体運営会社を通し、自社のことを紹介してもらう方法」です。平たく言えば、自社の力だけでなく、他社メディアの力も借りよう!というわけです。それでは、この集客方法のポイントをご紹介していきます。

ダイレクトメールの用途とそれに応じた部数について。

よく行くお店から届くダイレクトメール。何気なく手にとっていますが、一体どれぐらいの人数にそのメールは送られているのでしょうか。この記事では企業がダイレクトメールを送る用途と、それに応じた部数についてご紹介します。

高校生を集客するために取るべき3つの選択肢。

高校生にポイントを当てて集客するには一体どうすればよいのでしょうか。その鍵は「SNS」と「親」にあります。この記事では高校生の集客に対して効果的なSNSと、高校生相手ならではのアプローチ方法について説明していきます。

「海外からの旅行客」に対する集客方法3選。

以前から日本は海外から「クールジャパン」と呼ばれる人気観光国のひとつです。最近では中国人観光客の「爆買い」も話題になりました。業種によっては、顧客の対象はもはや日本人だけでなく外国人も含まれているといえます。そんな海外からの旅行客に対して効果的な集客方法をご紹介します。

ダイレクトメールで新規顧客を集客するときのポイント。

単なるEメールと比べて費用対効果が高い傾向にあるダイレクトメール。この集客方法で新規顧客を獲得するには一体どういった方法を用いればいいのでしょうか?この記事ではいくつかのポイントをご紹介していきます。

集客方法によって異なる「反響が出るまでの期間」とは?

メール、週刊誌の広告、新聞紙折り込み、ポスティング、ダイレクトメールなど、集客には様々な手段があります。しかし、この一方であまり知られていないのが「各集客方法ごとで反響が出るまでの期間が異なる」という事実です。この記事では主な集客方法ごとの「反響が出るまでの期間」をご紹介します。

要注意!「捨て看板」と「路上キャッチ」は違法です

飲食街や歓楽街でよく見かける「客引き」や、電柱に設置されている「捨て看板」。多くの業者や企業がごく当たり前にしている行為のため、ついついやってしまいがちですが決して似してはいけません。この記事ではこの2つの行為についての基礎知識をご紹介します。

どれが一番?効果別のポスティング方法3選。

お客様の家へ直接チラシを投函するポスティングは、確実に届ける事によって、とても大きな印象を与えます。手軽に自分たちで行う事もできれば、専門の業者に依頼する方法もあります。より多くのチラシをお客様の手にとってもらうためにも、効果的にポスティング方法を使い分けましょう。

集客は何度もしなければ意味がない!3つの理由。

入念に準備して行った集客活動に効果が現れないと、もう一度やっても意味がないのではないかと落ち込んでしまいますね。しかし、集客は諦めずに何度も行ってこそ、効果が現れてくるものです。何度も行う必要性とその理由を知って、集客への意欲に繋げましょう。

「ねずみ講」や「マルチ商法」は法律違反?

ビジネスをしている以上、顧客を多く呼び込みたいと思うのはごく自然なことです。しかし、それが行きすぎた行為になると犯罪となってしまうことも。そうならないように、よく聞く単語を中心に「どこからが犯罪なのか?」の基準をご紹介します。