Magazine

ラクスルマガジンキーワード

表現技法

最新記事一覧

キャッチコピーに数字を効果的に取り入れる方法

「たった1分で出来る」「60日でガラッと変わる」このように、世の中には数字の入ったキャッチコピーが溢れています。キャッチコピーに限らず、書籍タイトル、広告、チラシ、様々な媒体の中に頻繁に登場する「数字」。ただし、この方法は取り入れるに当たっていくつか気をつけるポイントがあります。そこで本記事では、キャッチコピーの中に効果的に数字を取り入れるために、抑えておくべきポイントをまとめてみました。

ネタが同じな場合、季節によってチラシを作り分けるコツ

長期的に売る商品が決まっていると、季節によって売る商品が変わるということはありません。ネタが変わらなかったとしても、チラシ自体は、季節によって作り分けなければなりません。今回は、そのコツについて説明します。

キャッチコピーは「事実の伝え方」が大きな鍵

いくら製品やサービスの品質が良くても「事実以上の内容」は伝えることができません。そう考えると、キャッチコピーの良し悪しは「事実の伝え方」が肝といえるでしょう。それでは、事実の伝え方が秀逸な3つのコピーを紹介していきます。

読み手に「朝」を想起させる3つのキーワード

朝早くから営業していることをアピールするためにはどのような言葉を使えばいいのでしょうか。ただ単に「◯◯時からやっています」と書くのもいいですが、どこか味気ありません。そこでこの記事では直接的に「朝」という単語を使わずに、間接的に読み手に「朝」を想起させる3つのキーワードをご紹介します。

どこからが「個人情報保護法」違反? 気になる基礎知識

情報化社会において「個人情報」の取り扱い方はますますデリケートになってきています。扱い方を間違えれば顧客、そして企業ともに大きなダメージを負いかねません。この記事ではチラシをつくったり集客をする上で押さえておきたい「個人情報保護法の基礎知識」をご紹介します。

キャッチコピーにおける差別化「3つの方法」

キャッチコピーにはいくつかの法則がありますが、その中でも「差別化」はオーソドックスかつ効果的な方法です。「他のチラシと差別化をしよう!」と漠然と考えるのではなく、以下の3つの方法を自社のケースに落とし込んでみてはいかがでしょう。

語尾の使い方がキャッチコピーに与える影響とは?

「語尾」。キャッチコピーでは「単語」に焦点が当てられがちですが、実は語尾がすこし違うだけで与える印象は大きく変わってきます。キャッチコピーのような短い文章なら尚更。この記事では3つの語尾表現方法について、その与える印象や適した場面などをご紹介します。

キャッチコピーに「リズム」を取り入れよう

短く印象に残るキャッチコピーに欠かせないのが「リズム」の良さです。日本人には、古来より好んできた言葉のリズムがあります。多くの人の耳に残りやすいリズムを取り入れることで、キャッチコピーの印象も強くなります。

文字だけじゃない!デザインやメロディだって立派なキャッチコピー!?

皆さんはキャッチコピーと言うと、どんなものを思い浮かべますか?多くの方は短い文章や、キャッチーな言葉で人を引き付けるものを想像されると思います。ですが、デザインやメロディだって実は立派なキャッチコピーなんです。そこで、今回は文字ではないキャッチコピーで表現できることについて見ていきたいと思います。

魅力的なキャッチコピーに隠されている「数字」の力!

魅力的なキャッチコピーをつくる要素のひとつに「数字を使う」というものがあります。しかし、数字には一体どのような効果があるのか?どのような使い方をすればいいのか?といった方も多いのではないでしょうか。この記事ではそんなみなさんの疑問にお答えしていきます。

音を効果的に使ったすんなり入ってくるキャッチコピー

世の中には色々なキャッチコピーが溢れていますが、つい言いたくなるようなキャッチコピーってありませんか?それは、音の効果をうまく使って、印象に残りやすくしているからです。そこで、今回は有名企業のキャッチコピーを例、音がもたらす効果や重要性について見ていきましょう。

インパクト大の「5文字以内」で作られたキャッチコピー

短くテンポのよいキャッチコピーは、第一印象の強さという点で、これほど強力なものはありません。それが「5文字以内」で作られた時、どれほどのインパクトが生み出されるのでしょうか。多くの人に長い間親しまれてきたキャッチコピーを知り、受け入れられる理由を考えてみましょう。

広告・チラシにおける「手書き」の効果とは?

様々な技術が発達した現代。手間だけを考えればパソコンで広告やチラシ作成をした方が簡単なのは明らか。それでも「手書き」にこだわるお店は数多く存在します。そこまでして「手書き」にする意味は一体何なのか?その効果とともに説明していきます。

他社と差別化をしよう!あえて「手書き」を盛り込むべき理由3つ

皆様もご存知の通り、デザインといえばパソコンで制作されるものがほとんどでしょう。デジタル化が進む中で、あえて「手書き」を盛り込むことで他社と差別化を図るのもひとつの手かもしれません。今回は「手書き」をおすすめする理由をご紹介いたします。

キャッチコピーにおける「漢字」「カタカナ」「ひらがな」の使い方

世界でもっとも難しいとされる日本語。その背景には「漢字」「カタカナ」「ひらがな」の3つの表現方法の存在が。広告やチラシのキャッチコピーにおいて、目的やターゲットによってその使い分け方を知っているといないとでは大違い!今回はキャッチコピーにおける3つの表現方法の見え方や使い方の違いをご紹介いたします。

あえて「手書きでポップを書く」意味とは?

商品の説明をするために添えられた紙のことを「ポップ」と呼びます。パソコンで作成するもの、手書きのもの、様々なデザインがありますが今日の記事では「手書きポップ」にフォーカスし、その効果をご紹介していきます。

ネガティブなイメージは言い回し一つで大きく変わる

一般的にネガティブなイメージを抱かれやすい言葉は存在します。チラシに入れるキャッチコピーにも、なるべくそういった言葉は選びたくないでしょう。しかし、ネガティブな言葉も言い回し一つでポジティブな言葉に変化する場合があるのです。それでは3つの例をご紹介しましょう。

使い分けよう!漢字とひらがなとカタカナで変わってくる印象

外国人が日本語を学ぶときに一番困惑するの漢字とひらがなとカタカナの使い分けです。難しい理由は同じ言葉でも漢字とひらがなとカタカナで書いたときに持つそれぞれの言葉に含まれるメッセージが微妙に変わってくることにあります。 「体、カラダ、からだ」全て同じ言葉なのでどの表記を使っても問題ないのですが、これらを使い分けることで受け手の感じ方が変えることができます。あなたは意識して使い分けしていますか?