Magazine

ラクスルマガジンキーワード

紙サイズ

最新記事一覧

ポスター作り、用紙サイズの決め方

ポスターを作成・印刷する際、どのサイズを選べばよいか分からず悩む人も少なくないと思います。また、遠くからでも目立つようにすべきなので、デザイン・クリエイティブも非常に重要になってきます。ここではポスターを作成する上で知っておきたいサイズ、デザインに関する情報をまとめました。

A0サイズとは

普段の生活では、なかなか使用することがないA0サイズ。まず、「0サイズ」というものの存在さえ知らない人も多いのではないでしょうか?
しかし、誰でも「A0」サイズは見かけたことがあるサイズなんです。
この記事では、A0サイズとはどのようなサイズなのか、またどのような印刷物に使用されているのか紹介していきます。

B0サイズとは

一般的な会社で使用される印刷用紙といえば、「A4」サイズ。もしくは、A1やB5サイズがたまに使用される程度です。
B0サイズと言われてもどのようなサイズなのか、何に使うものなのか検討がつかないと思います。
この記事では、B0サイズとはどのようなサイズの用紙なのか、どのようなシーンで使用されるものなのかについて説明していきます。

B3サイズとは

B3サイズはA4、A3サイズと並んで事務用資料としてよく使われる用紙サイズです。もともとB系列の用紙サイズは、日本独特の「美濃サイズ」に由来し、日本の公文書は、長くB系列の用紙を使っていました。
平成7年に政府が、海外で主流のA系列を、政府関連の公的文書に採用したこともあり、B系列はあまり使われなくなっています。 B3の用紙サイズは、364x515mmで、A2とA3の中間サイズになります。ランドセルがA4を収めるように設計されているので、それより少し大きいサイズとして理解すれば良いと思います。
ここではB3サイズの特徴についてまとめていきます。

A4サイズとは

A4サイズは、最もよく使われる大きさの一つです。コピー用紙がA4の規格になるので、私たちにとても身近なサイズと言えますね。
今回は、A4サイズについて大きさや印刷物などもっと詳しく見ていきましょう。

DMはどの大きさが効果的なの?

DMのサイズはどの大きさが効果的なの?

DMのサイズや形に関して、正解はありません。大きなサイズや、奇抜な形、立体的にすれば、注目度は高くなるかもしれませんが、その分、郵送料や製作代は高くなります。
また、A4等の定番サイズは、書類として整理する場合には最適ですが、持ち運び用になると、もう少し小さいサイズが適しています。ここでは、いくつかの視点で、DMのサイズについて検討したいと思います。

なぜ違う?A版サイズとB版サイズの特徴比較

なぜ違う?A版サイズとB版サイズの特徴比較

仕事で使う文書は、A4用紙が一般的です。勉強に使うノートはB5サイズが標準サイズです。シーンや目的によってA版とB版に分かれているかと思いきや、B4サイズのコピー用紙が登場したり、A5サイズのノートが出てきたり、統一されていませんね。A版とB版が、どちらも使われている理由は何なのでしょうか?

B6サイズとは

B6サイズはJIS(日本工業規格)で定められている、128x182mmの大きさで、青年コミックをはじめ、手帳や卓上カレンダーの定番サイズとして使われています。今回はこのように比較的馴染み深いB6サイズの印刷物について詳しく見ていきたいと思います。

B1サイズとは

B1のサイズは728×1030mmで、事務用で図やチャートなどに使われるB3の用紙の4倍にあたります。ポスターなどによく使われるサイズで、長辺が人間の身長の2/3程の長さになりますので、結構大きめの用紙です。
このサイズになると、家庭用のプリンターでは手に負えませんので、印刷会社に委託して制作されます。今回はこのB1サイズについて詳しく見ていきます。

A4の4とは?チラシ作りにサイズ設定のルールはあるのか

A4の4とは?チラシ作りにサイズ設定のルールはあるのか

ふだん何気なく使っている「A4サイズ」や「B5サイズ」という用紙のサイズですが、その理由を答えられるという方は少ないのではないでしょうか。印刷物の大きさにも、国際規格が存在します。規格の概念を身に付ける事で、チラシ作りに役立てる事ができるでしょう。

印刷の仕組みを知ろう!【ラクスル印刷講座(番外編)】

印刷の仕組みを知ろう!【ラクスル印刷講座(番外編)】

印刷ってどのような仕組みになっているのか、実は知れば知るほど、データをつくるときにも注文するときにも参考になります。
「なぜ大部数だと安くなるの?」「なぜネット印刷は小ロットでも安いの?」などなど、改めて考えてみるとギモンが浮かびませんか?印刷ってどうやって行われてるの?ざっと理解して、納得!そしておトクに印刷注文を行いましょう!