Magazine

ラクスルマガジンキーワード

法律

最新記事一覧

商品シールの使い方と注意点

包装技術協会によれば、日本のパッケージ市場の規模は5兆6000億円で、41%が紙製品、31%がプラスチックや軟包装、17%が金属製品、2%がガラス製品、その他が11%です。
パッケージによって、商品の持ち運びが可能になり、ブランドも誕生しました。今回はパッケージに貼られている商品シールについて解説します。

ビン商品のシール作りの特徴と、ポイント

ビン商品のシール作りの特徴と、ポイント

パッケージの中で、ビンは毎年減少していますが、その扱いやすさや機能は、まだまだ健在です。
100年前、200年前の難破船から、シャンパンやワインのビンが発見され、オークションで高値がつけられたことを覚えてらっしゃる方も多いのではないかと思います。どこまで品質が維持されているかはわかりませんが、コルクを開けた時の感動が想像できます。
今回はビン製品に使用されるシール・ラベルについて見ていきたいと思います。

同人誌における表現規制について

同人誌における表現規制について

同人誌は、基本的に個人ベースであることで、「何でもあり」という誤解をしている人がいますが、世に出す以上、社会通念や法的な制約にカバーされます。
この分野では、これまでにも数多くの事例がありますので、参考にしながら、良い作品を作りに活かしましょう。

ポスティング会社選びは慎重に!ポスティングに関する規制や法律とは

「ポスティングは迷惑、違法行為ではないのか」という疑問はよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか? 実は場合によっては、「ポスティングは違法行為」になります。それは、ポストの持ち主が「迷惑である」という意思表示をしている時です。今回はポスティングに関する規制や法律について見ていきます。

要注意!「捨て看板」と「路上キャッチ」は違法です。

要注意!「捨て看板」と「路上キャッチ」は違法です

飲食街や歓楽街でよく見かける「客引き」や、電柱に設置されている「捨て看板」。多くの業者や企業がごく当たり前にしている行為のため、ついついやってしまいがちですが決して似してはいけません。この記事ではこの2つの行為についての基礎知識をご紹介します。

どこからが「個人情報保護法」違反? 気になる基礎知識。

どこからが「個人情報保護法」違反? 気になる基礎知識

情報化社会において「個人情報」の取り扱い方はますますデリケートになってきています。扱い方を間違えれば顧客、そして企業ともに大きなダメージを負いかねません。この記事ではチラシをつくったり集客をする上で押さえておきたい「個人情報保護法の基礎知識」をご紹介します。

「ねずみ講」や「マルチ商法」は法律違反?

「ねずみ講」や「マルチ商法」は法律違反?

ビジネスをしている以上、顧客を多く呼び込みたいと思うのはごく自然なことです。しかし、それが行きすぎた行為になると犯罪となってしまうことも。そうならないように、よく聞く単語を中心に「どこからが犯罪なのか?」の基準をご紹介します。

今後注目すべき、法人税減税の問題点と影響とは?

今後注目すべき、法人税減税の問題点と影響とは?

現在、法人税減税に伴う影響について注目が集まっています。法人税を減税するとどのような影響が出るかご存知でしょうか?法人税減税はメリットだけではなく、デメリットもあります。両側面について説明をしたいと思います。

キャッチコピーづくりに役立つ「労働基準法」の基本。

キャッチコピーづくりに役立つ「労働基準法」の基本

どれだけ優れた品質でも、それを購入し使ってもらわないことには顧客には伝わりません。そのためにキャッチコピーでは「商品を使わずして、その品質の良さを分かってもらうこと」が重要なのです。以下に紹介する3つのポイントを上手く活用し、読み手の興味を引くチラシをつくってみましょう。

忘れずに!個人情報を守るプライバシー保護シール

忘れずに!個人情報を守るプライバシー保護シール

プライバシー保護シールとは、重要な情報(個人情報など)が記載された書面の場合、記載された部分に貼ることで、個人情報の漏洩を防ぐためのシールのことです。このシールによって記載する人が書面を投函し、受け取る人に渡る間に重要な情報部分を保護することができ、情報漏れを防ぐことができます。
現在、2017年5月30日に施行された個人情報保護に関する法律改正により、すべての事業者が個人情報保護法の対象となり、厳重な管理が求められています。
個人情報の郵送でのやり取りでは、このプライバシー保護シールは必要なツールです。

キャッチコピーを作るにあたって必要な法律の知識

キャッチコピーを作るにあたって必要な法律の知識

キャッチコピーを考える際、他の人が既に考えた物を意図的にそのまま使う人はいません。これは、誰しも頭の中に「他人の物を勝手に使ってはいけない」という考えを持っているからです。では、具体的に法律でキャッチコピーはどこまで守られているのでしょうか?トラブルから身を守るために、法律についての知識を事前に備えておきましょう。

求人チラシを作るときに法律で意識すべきことは?

求人チラシを作るときに法律で意識すべきことは?

求人チラシを作る際、守らなければならない法律があることをご存知でしょうか?この法律を守らなければ法律違反となってしまい、後で知らなかったでは済まされません。法律違反にならないためにも正しい法的知識を身に付けましょう。