Magazine

ラクスルマガジンキーワード

大判印刷

最新記事一覧

タペストリーも壁も傷つけない!ベストな飾り方はこれ!

「お気に入りのタペストリーを飾りたいけど、壁に傷はつけたくない。どうしよう……。」と迷っていますか?そんな方のために、壁の傷は最小限にとどめながら、タペストリーをきれいに飾る方法を伝授します。

展示パネル作成のポイントとおすすめの業種とは?

毎年各地で行われるさまざまな業種の展示会。規模が大きなものから小さなものまでありますが、いずれも重要なのは「いかに来場者の興味を引くか」ということ。
これはただ派手なデザインにしたり、目立つ色を使ったりすることではありません。また、業種によって押さえるべきポイントは変わってきます。
この記事では、展示パネルの使用が効果的な業種や、業種ごとの展示パネル作成ポイントを紹介していきます。

横断幕・横幕・懸垂幕・垂れ幕、何が違うの?

横断幕・横幕・懸垂幕・垂れ幕と幕に関する呼び名には様々な種類がありますが、それぞれどのような違いがあるかみなさん理解していますか?ここではそれらの違いや利用シーンについて見ていきたいと思います。

タペストリーとその印刷方法

タペストリーとその印刷方法

タペストリーは、もともと室内装飾用の壁掛けを意味し、高価なゴブラン織りとしても知られています。平織りの一種で、太い縦糸で横糸を包み込み、縦糸だけで模様を再現します。
日本ではつづれ織りに相当し、キャロルキングのヒット曲にもなりました。ピカソ、ミロなどの巨匠もゴブラン織りの作品を制作しています。
今回解説するのは、織物ではなく、室内装飾用に印刷技術を利用して制作された告知ツールです。基本的には幕やポスターの上下にパイプやバナーを取り付けて、主に室内で吊り下げて商品案内やイベント告知に使用しますが、商店街などでは、屋外でも店内誘引やイベントの告知などに利用されます。
また、純粋にインテリアの室内装飾品として、絵画や写真などの印刷、イベントなどの記念品や、プロモーション用の画像を印刷して、利用することもあります。サイズ的には垂れ幕のような大きなものから、売り場の卓上などに掲示する小型のものまで様々です。

展示パネルに適切な文字の大きさは?

展示パネルに最適な文字の大きさは、パネルが見られる状況と距離によって整理することができます。単純に言えば、お客様が移動しながら見る場合は当然ながら、大きな文字にした方が視認性も高くなります。また、パネルを見る距離が遠ければ、当然大きな文字が必要になります。
今回は展示パネルのクリエイティブについて考えてみたいと思います。

横断幕について知ろう。横断幕の使用用途って?

横断幕という言葉から何を連想しますか。横断幕は看板のように利用されたり、ちょっとしたイベントの告知用に使われたり、学校やグループの応援に利用されたり、あるいは政治的なアピールに利用されたり、様々な用途に使われています。
今回は横断幕の様々な使用用途についてまとめてみました。

展示会での展示パネルの制作

自社商品や新製品の訴求には様々な手法がありますが、関係者が多く参加する展示会への出店は、効率的に商品やサービスのアピールができるので、上手く活用すれば、効果的です。
展示会には競合企業も多数参加しているので、展示ブースの設計や、演出には気を使います。毎月のように展示会に出展しているのであれば、それなりにノウハウを持っているでしょうが、1年に1回といった頻度であれば、わからないことも多いと思います。
今回は、展示会などでの展示パネルの作り方について解説したいと思います。

効果的な「のぼり旗」の制作方法

店頭や展示会などで目に留まる「のぼり旗」、制作するための基本ポイントをまとめてみました。のぼり旗は、目にすることは多いのですが、実際に作ったことのある人は、そんなに多くはないと思います。初めての方でも失敗のない作り方について解説したいと思います。