Magazine

ラクスルマガジンキーワード

反響アップ

最新記事一覧

新聞折り込みで効果を出すには!

新聞折り込みは新聞購読者がターゲットになります。新聞購読者とはどんな人達なのでしょうか。
本記事では、ターゲット層を明確にした上で新聞折り込みで効果を出すための方法について考えたいと思います。

【DMって本当に効果あるの?】タイプ別DMのメリット・デメリット

【DMって本当に効果あるの?】タイプ別DMのメリット・デメリット

「dm」という単語、みなさんいたるとこで聞きますよね。 普段、友人とのやり取りはLINEやFACEBOOKを使ったり。 仕事でははがきdmやFAXDMなんかもありますよね。 様々な意味を含んだ「dm」という言葉。 今回は様々な種類がある「dm」、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます!

「一番効果が高いのは?」業種別のおすすめ集客方法3選

「一番効果が高いのは?」業種別のおすすめ集客方法3選

チラシにDM、フリーペーパーにSNS。世の中には数多くの集客ツールが溢れています。これらのツールにはそれぞれ特徴がありますが「その効果をもっとも発揮できる業界はどこか」これを知っている人は多くありません。この記事では、3つの業界とその業界にもっとも適した集客ツールをご紹介します。

ダイレクトメールが他の手段と比べの反響率が高い理由とは?

ダイレクトメールが他の手段と比べの反響率が高い理由とは?

チラシや新聞折込さらにはEメールなど数々の集客ツールがありますが、その中でもダイレクトメールは一番反響率が良いとされています。一体どのような理由からその高い反響率は生まれるのでしょうか?他のツールとの違いも交えてご紹介していきます。

ポスティングを効果的に-配布エリア選定の方法-

ポスティングを効果的に-配布エリア選定の方法-

ポスティングの効果は、店舗まわりのエリア特性をどれだけ把握しているかによって状況は異なってきます。やみくもにポスティングしても、まぐれ当たりはありますが、空回りに終わることが多いと思います。
では、どのようにエリア特性を把握するのでしょうか。今回はエリア特性を基に配布エリアを選定する方法について解説していきます。

集客方法によって異なる「反響が出るまでの期間」とは?

集客方法によって異なる「反響が出るまでの期間」とは?

メール、週刊誌の広告、新聞紙折り込み、ポスティング、ダイレクトメールなど、集客には様々な手段があります。しかし、この一方であまり知られていないのが「各集客方法ごとで反響が出るまでの期間が異なる」という事実です。この記事では主な集客方法ごとの「反響が出るまでの期間」をご紹介します。

口コミ効果倍増!?効果的な口コミをしてもらえるスゴワザ特集

口コミ効果倍増!?効果的な口コミをしてもらえるスゴワザ特集

集客の中でも最も効果が高いと言われているのが口コミによる集客です。つまり、知り合いづてに紹介された商品は買いたくなるということですね。この口コミですが、企業が思っているような口コミをしてもらえるとは限りません。さらに口コミをしてもらえるかどうかも顧客心理に委ねるため、非常に不確かなものです。そこで今回は口コミをしてもらいやすくなるようなテクニックをご紹介します。

ダイレクトメールの反応率を劇的改善!反応率を高める頻度と内容

ダイレクトメールの反応率を劇的改善!反応率を高める頻度と内容

ダイレクトメールの効果は出ていますか?ダイレクトメールは作成者によって大きく反応率が変わるものです。ダイレクトメールと聞くと、商品カタログなど売り込みとして利用する認識が一般的です。しかし、ダイレクトメールで本当に成果を出したいのならば必ずやってほしいことがあります。今回は反応率を高める頻度と内容の解説です。

そのポスティングは大丈夫!?〜反響率を上げる方法とは〜

そのポスティングは大丈夫!?〜反響率を上げる方法とは〜

ポスティングとは、各事業所や家庭の郵便ポストにチラシを投函し、集客を狙う手法のことです。
一般的に、その反響率は0.1〜0.3%と言われています。昔からある手法で、効果が出にくくなっていることも事実ですが、その反面、高い反響率を出し集客に成功をしている企業もあります。
つまり、活用次第では低コストで高い利益を生み出すことも可能だということです。ここでは、ポスティングの強みを理解し、反響率を上げるポイントを紹介していきます。

反響が得られるキャッチコピーに必要な3つの工夫。

反響が得られるキャッチコピーに必要な3つの工夫。

目に入った瞬間に「おっ」と興味を惹かれ立ち止まってしまうキャッチコピーがあれば、何の興味も抱かれずそのまま素通りされるキャッチコピーもあります。両者の違いは一体どこにあるのでしょう。キャッチコピーはセンスが大事と思われがちですが、キチンとした基本を押さえておけば、初心者でも心配する必要はありません。この記事では、見た人の興味を惹き、反響が得られるキャッチコピーをつくるための3つの工夫をご紹介します。