Magazine

ラクスルマガジンキーワード

利用シーン

最新記事一覧

タペストリーも壁も傷つけない!ベストな飾り方はこれ!

「お気に入りのタペストリーを飾りたいけど、壁に傷はつけたくない。どうしよう……。」と迷っていますか?そんな方のために、壁の傷は最小限にとどめながら、タペストリーをきれいに飾る方法を伝授します。

横断幕・横幕・懸垂幕・垂れ幕、何が違うの?

横断幕・横幕・懸垂幕・垂れ幕と幕に関する呼び名には様々な種類がありますが、それぞれどのような違いがあるかみなさん理解していますか?ここではそれらの違いや利用シーンについて見ていきたいと思います。

屋外で使うシール、ステッカーの劣化を防ぐには?

屋外で利用するシールやステッカーは、過酷な環境条件にさらされます。主なものに、直射日光、紫外線、雨、風などが、影響を与えます。それ故、シールやステッカーを屋外で利用する場合は、使用する基材、インキをこれらの環境に対応するもので揃える必要があります。
インキには耐光性のインキを使用します。普通のインキでは、真夏の強い陽射しにさらされた場合は、1〜2週間で変色してしまいますが、耐光性インキを使用することで、ある程度保護することができます。
ただ、色彩的にはイエローが強くなるので、全体がくすむ傾向があります。色味が大事な原稿の場合は注意しましょう。
素材には耐水性の紙やフイルムを使用します。通常の上質紙では、雨がふるとシワが寄り、破ける恐れがあります。
石油由来の合成紙を使用することで、耐久性を高めることができます。しかし、自然の力は強いので、完璧とは言えません。印刷会社やシール専門に相談して、最強のシール、ステッカーを制作しましょう。
今回は、屋外で利用されるシール、ステッカーの劣化を防ぐための、手段について解説します。

屋外用と屋内用で違う!選挙ポスターを作るポイントとは?

選挙ポスターは屋内用、屋外用の両方が考えられますが、それぞれ最適な紙や印刷方法が異なります。
用途にあっていない紙や印刷方法でポスターを作ると、ポスターがすぐに使い物にならなくなり、作り直しをしなければならなくなるかもしれません。
この記事では、印刷者が気をつけるべき、ポイントを屋外用、屋内用に分けて説明します。

費用対効果最高!のぼり旗がおすすめな業種5つを紹介

店舗経営をしているオーナーの方であれば、集客は大きな関心事項だと思います。
集客に効果をあげるもののひとつとして、「のぼり旗」があげられます。業種によっては、のぼり旗を設置するだけで2倍以上の集客を得られることもあります。
のぼり旗は、1枚数千円程度で作ることができるものなので、費用対効果は非常に高いものになります。
それでは早速、のぼり旗の高い効果がある業種や効果的なのぼり旗の使い方を紹介していきます。