Magazine

ラクスルマガジンキーワード

レイアウト

最新記事一覧

年賀状の準備は大丈夫?ビジネス向け年賀状のレイアウトの基本!

さぁ、もうすぐ2017年も終盤に差し掛かって参りました。今年はどのような1年になりましたか?

さて、ビジネスパーソンにとって必要な新年の準備といえば「年賀状」です。

メールやSNSが普及した今の時代、いざ年賀状を作成するとなると、腰が上がらない方も少なくないはずです。年賀状をイチから手書きで作成する人は少数派で、ネット上のテンプレートを活用している人が大多数ではないでしょうか?

とはいえ、年賀状の意味やビジネス向きのレイアウトを知っておかないと、「貰って嬉しい年賀状」を送るつもりが、「失礼な年賀状」になってしまう可能性もあります。せっかく年賀状を届けるのであれば、相手が「貰って嬉しい年賀状」にしたいところですよね。

新年を迎えるにあたって、ここで年賀状に関する知識をおさらいしておきましょう。

レイアウトの基本を押さえて、見やすい会社案内を作ろう!

レイアウトの基本を押さえて、見やすい会社案内を作ろう!

会社案内と一言にいっても、その用途は様々。アニュアルレポートやIRツール、リクルート関係や製品紹介など色々あります。まずは、何が目的なのかを明確にしましょう。
ここでは、見やすい会社案内のレイアウトについて考えたいと思います。

手にとってもらえる同人誌とは!?

手にとってもらえる同人誌とは!?

同人誌とは、個人独自で資金を出し合い、同人活動と呼ばれる創作活動の中で製作をする冊子のことです。同人誌は、ジュンク堂や紀伊国屋などの書店に並ぶことはほぼありません。ほとんどは、「コミケ」と呼ばれる同人誌即売会で販売されています。
個人の趣味に基づく創作活動で製作をしているため、雑誌の売れ行きによって、ほとんど利益の出ない場合も少なくありません。それでは、購入に繋げるにはどうしたら良いのかをみていきましょう。

チラシの語源とは?成り立ちについて解説!

読みやすいチラシを制作するための縦書きと横書きの使い方

チラシを制作するのに悩ましいのが文章を縦書きにするのか横書きにするのかということです。基本的な考え方は「読み手にとって読みやすいかどうか」で判断することなのですが、ある程度の暗黙の了解やルールというものも存在します。 どのようなシチュエーションで縦書きを選ぶべきなのか、もしくは横書きを選ぶべきなのか。その基本的な考え方について説明していきます。

チラシデザインにおける「字間」と「行間」の調整のコツ。

チラシデザインにおける「字間」と「行間」の調整のコツ

写真や配色、内容にばかり目がいきがちなチラシのデザイン。そこでよく見落とされるのが「字間」「行間」といった文字と文字の距離です。実はこの2つを少し調節するだけで、チラシの見やすさはグッと上がるのです。

デザインにおいて情報量が多すぎるときの対処法。

デザインにおいて情報量が多すぎるときの対処法。

チラシをデザインする上で大事なのは「その商品がどういう商品なのかという情報」です。どんな人たちが、どんな想いで、どんな経緯を経て作ってきたのかを知る必要があります。しかし「アレもコレも」となってしまっては顧客としては情報過多で混乱してしまいます。多すぎる情報をうまくまとめるポイントは何なのでしょうか?

スルーしないで!振り返りたい「線」の使い方とコツ

スルーしないで!振り返りたい「線」の使い方とコツ

イラストや写真などインパクトのあるものが注目されがちな中、反対にスルーされやすいのが「線」です。さりげないポイントですが、ここも使い方が試されるところです。「線」の使い方とコツを押さえて、さらに一歩進んだデザインに仕上げましょう。

「こういう内容だったらどっち?」縦書きと横書きの使い分け方法

「こういう内容だったらどっち?」縦書きと横書きの使い分け方法

日本語だからこそ迷うこと、それは「縦書きと横書き、どちらがいいのか?」という点です。ミックスするにしても、大きなコピーなどの中心となる箇所、主役となる箇所は慎重になりますね。実は、文字方向にもそれぞれの特徴や長所があります。どんなときに、どちらを使うのがよいのか?使い分けのポイントをご紹介します。

【本作りの柱】エディトリアルデザインの役割

【本作りの柱】エディトリアルデザインの役割

「エディトリアルデザイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。デザイン業にかかわらない人には、馴染みのない言葉かもしれません。実は、このエディトリアルデザインこそが、本の編集作業では重要な役割を持っているのです。

ホワイトスペースを使いこなして情報を明確に伝える

ホワイトスペースを使いこなして情報を明確に伝える

ホワイトスペース、つまり余白のことです。デザインを見やすくするためのスペースとして、または大胆に使うことでデザインのテクニックとして、使用意図は様々です。「余白の美」という言葉もあるように、ホワイトスペースをデザインに効果的に取り入れることで、文字だけでは伝わらない印象を与えることができます。