Magazine

ラクスルマガジンキーワード

マーケティング

最新記事一覧

【今月のオススメ】1月の販促イベントの準備をしよう

1月はお正月や初売り、新年会、受験シーズン到来など様々な分野・業種で販促活動が活発になる時期です。大忙しの年末年始に備えて、今から年明けの販促活動の準備をしましょう!ラクスルでは1月の販促活動に使える無料のデザインテンプレートを多数ご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

ポスティングを効果的に-商材に合わせた、配布エリア-

ポスティングを効果的に-商材に合わせた、配布エリア-

商品は基本的に消費者に向けた消費財、企業に向けた生産財に分けることができます。基本的にポスティングで扱われるのは、消費財です。消費財は、その購入形態によって、「最寄り品」「買い回り品」「専門品」「非探索品」に分類することができます。今回は商材に合わせた効果的な配布エリアの選び方について説明します。

新聞折り込みで効果を出すには!

新聞折り込みで効果を出すには!

新聞折り込みは新聞購読者がターゲットになります。新聞購読者とはどんな人達なのでしょうか。
本記事では、ターゲット層を明確にした上で新聞折り込みで効果を出すための方法について考えたいと思います。

ポスティングを効果的に-配布エリア選定の方法-

ポスティングを効果的に-配布エリア選定の方法-

ポスティングの効果は、店舗まわりのエリア特性をどれだけ把握しているかによって状況は異なってきます。やみくもにポスティングしても、まぐれ当たりはありますが、空回りに終わることが多いと思います。
では、どのようにエリア特性を把握するのでしょうか。今回はエリア特性を基に配布エリアを選定する方法について解説していきます。

広告制作の基礎知識、AIDMA(アイドマ)とは?

広告制作の基礎知識、AIDMA(アイドマ)とは?

AIDMA(アイドマ)とは左の5つの英単語の頭文字を取ったもので、アメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」をするまでに人はどのような心理的な移り変わりをするかという内容です。 「消費行動」と広告は大きな関わりがあるため、広告業界では常に意識して使われる理論になります。今回は「ラクスル集客講座」と題しましてこのAIDMAについて説明していきたいと思います。

ポスティングを効果的に−商材に合わせた、配布先物件の選び方−

ポスティングを効果的に-商材に合わせた、配布先物件の選び方-

ポスティングでは配布先の物件の形式、住宅地・商業地などのエリア特性が重要な要素になります。なかでも、マンションと一戸建て住宅については、最も識別のしやすいセグメンテーションなので、ポスティングの説明にはよく利用されます。
今回は商材に合わせた、配布先物件の選び方について説明していきます。

発行するだけじゃダメ!効果的なクーポンを使った集客法

発行するだけじゃダメ!効果的なクーポンを使った集客法

集客に大きな影響力のあるクーポンですが、結果的にこのクーポンがお店の売上を圧迫していることがあります。もちろんクーポンの影響力は否定できません。クーポンがあることで新規購入や来店となる影響度は80%以上という調査結果がMMD研究所から発表されています。 ただし、何も考えずにクーポンを発行するだけではダメなんです。世の中がクーポンだらけになった時代、効果的なクーポンの使い方が必要になっています。

新規顧客とリピート顧客、どちらにより力を入れるべきか?

新規顧客とリピート顧客、どちらにより力を入れるべきか?

企業において、リピート顧客は大切な存在です。 何度も商品を購入し、サービスを利用してくれる顧客は、企業に継続的な利益をもたらしてくれるからです。 しかし、一方で新規顧客も同じように大切な存在です。 特に創業期などは、リピート顧客が存在しないため、新規顧客の獲得に努めなければいけません。 ただ、どちらも同じレベルで大切に扱うのは至難の技。優先順位をつけるとすれば、一体どちらを大切にするべきなのでしょうか?

新規のお客さまを増やすためのプレスリリースの作り方

新規のお客さまを増やすためのプレスリリースの作り方

プレスリリースは大企業が利用するものだと思っていませんか?小さなお店や会社には関係ないと思われているプレスリリースですが、小さいからこそ注目されたときの効果が大きくなります。ときには取材を受けることにもつながるプレスリリースの作り方を紹介します。

世界共通語、単品管理(TANPIN KANRI)を解説!

世界共通語、単品管理(TANPIN KANRI)を解説!

今や世界の共通言語となっている単品管理という言葉をご存知でしょうか?単品管理は、マーケティングにおいて非常に重要です。単品管理をするだけで、商品の流れなどを掴むことができますので、ぜひ有効活用すると良いですよ。

近くにお店を複数店出すメリットって、何?

近くにお店を複数店出すメリットって、何?

近くにお店を複数店出すと様々なメリットがあります。では、実際どのようなメリットがあるかご存知でしょうか。今回は、近くにお店を複数店出すと、どのようなメリットがあるのかについて説明をしていきたいと思います。

親子三代に来てもらえているお店の具体的な特徴とは?

親子三代に来てもらえているお店の具体的な特徴とは?

長期経営をしたければ、親子三代にわたって来ていただけるような素晴らしいお店を作らなければいけません。ですが親子三代にわたって、来ていただけるお店の特徴と言われるとイメージしづらいと思います。今回はその具体的な特徴について説明していきます。

ダイレクトメールが他の手段と比べの反響率が高い理由とは?

ダイレクトメールが他の手段と比べの反響率が高い理由とは?

チラシや新聞折込さらにはEメールなど数々の集客ツールがありますが、その中でもダイレクトメールは一番反響率が良いとされています。一体どのような理由からその高い反響率は生まれるのでしょうか?他のツールとの違いも交えてご紹介していきます。

たくさんあって迷う。同人誌印刷会社を選ぶポイントは?

マーケティングに4Pという考え方があります。企業活動を製品(Products)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)のマーケティングミックスでとらえようという考え方です。
最近では、4Pを進化させ、顧客価値(Customer Value)、顧客にとっての経費(Cost)、顧客利便性(Convenience)、顧客とのコミュニケーション(Communication)でとらえようという考え方が提唱されています。
今回は、このような視点から同人誌印刷会社を整理してみたいと思います。

必ず効果が出る!AIDMAとAISASの使い方

必ず効果が出る!AIDMAとAISASの使い方

AIDMAやAISASを理解しただけでは当然、お店の売上アップにはつながりません。理解したうえで、きちんと使いこなすことが重要になってきます。ここでは効果を出すためにAIDMAやAISASをどのように使えばよいのかを説明します。

インターネット時代の集客モデル「AISAS」とは

インターネット時代の集客モデル「AISAS」とは

これまで主流であったAIDMAの法則をインターネットの普及にともなった変化にあわせた集客モデルが必要になってきました。そこでAIDMAの「Desire」と「Memory」を「Search」に置き換え、最後に「Shere」を追加した結果うまれたのがAISASです。

ダイレクトメールのコストパフォーマンスってどれぐらい?!

ダイレクトメールのコストパフォーマンスってどれぐらい?!

ダイレクトメールはその他の集客ツールに比べて単価が高いのが一般的です。よく「ダイレクトメールは反響率が高い」と言われますが、果たして本当にそうでしょうか?この記事ではダイレクトメールのコストパフォーマンスを実際に測定する手順をご紹介します。

気をつけておきたい「ステルスマーケティング」の知識。

気をつけておきたい「ステルスマーケティング」の知識。

最近よく聞く「ステルスマーケティング」という言葉。一般的には「ステマ」と呼ばれ、以前何人かの芸能人がこの手法を使っていたことが発覚しニュースに取り上げられていました。この記事では「ステルスマーケティング」に関する基礎知識と気をつけておくべきポイントをご紹介します。

なぜチラシは「捨てられても配るべき」なのか?

なぜチラシは「捨てられても配るべき」なのか?

よく、街中でチラシやティッシュを配っている店員さんを見かけることがあると思います。しかし、その受け取ったチラシやティッシュをどれほどの人が使うでしょうか?中には利用する人もいるかもしれませんが、多くの場合は捨てられてしまうはずです。それでも店員さんがチラシを配り続ける理由は何なのでしょうか?

「顧客の声」をうまく拾い上げる3つ方法。

「顧客の声」をうまく拾い上げる3つ方法。

「顧客の声」をうまく拾い上げる3つ方法。1.来店時・利用時のアンケート 一番オーソドックスな手法がこれです。飲食店であれば卓上に置いてあるアンケート用紙などがこれにあたります。クレームというほどではないぐらいの不備を、顧客が店員に面と向かって言うことは少ないでしょう。そのちょっとした不満を紙を通すことによって引き出す効果が期待できます。

クレーマーをリピーターへと変える方法とは?

クレーマーをリピーターへと変える方法とは?

企業にとっては耳の痛い意見である「クレーム」。多くが商品や接客に関してのものでしょう。しかし、クレームは見方を変えればリピーターを生み出すチャンスでもあります。ここではクレーマーをリピーターへと変える際に大事なポイントをご紹介します。

チラシ・広告を「繰り返し」配布する意味とは?

チラシ・広告を「繰り返し」配布する意味とは?

「チラシを配布したけど効果がなかった…。」そういって一度の配布で諦めてしまった方もいるのではないのでしょうか?たしかにチラシを刷るのにはお金がかかりますし、デザインも考えなければいけません。しかし、実はチラシには「配布当時の集客」以外にも価値があるのです。

ユーザーにサービス運営への「参加」を促すためのポイント。

ユーザーにサービス運営への「参加」を促すためのポイント。

以前は「企業がユーザーにサービスを提供する」という一方向型の運営が主流でしたが、現代では「ユーザーが企業のサービス運営に参加する」という双方向型の運営が人気を集めつつあります。そこで今回は、ユーザーにサービス運営への「参加」を促すポイントをご紹介します。