Magazine

ラクスルマガジンキーワード

マーケティング

最新記事一覧

広告制作の基礎知識、AIDMA(アイドマ)とは?

AIDMA(アイドマ)とは左の5つの英単語の頭文字を取ったもので、アメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」をするまでに人はどのような心理的な移り変わりをするかという内容です。 「消費行動」と広告は大きな関わりがあるため、広告業界では常に意識して使われる理論になります。今回は「ラクスル集客講座」と題しましてこのAIDMAについて説明していきたいと思います。

発行するだけじゃダメ!効果的なクーポンを使った集客法

集客に大きな影響力のあるクーポンですが、結果的にこのクーポンがお店の売上を圧迫していることがあります。もちろんクーポンの影響力は否定できません。クーポンがあることで新規購入や来店となる影響度は80%以上という調査結果がMMD研究所から発表されています。 ただし、何も考えずにクーポンを発行するだけではダメなんです。世の中がクーポンだらけになった時代、効果的なクーポンの使い方が必要になっています。

新規顧客とリピート顧客、どちらにより力を入れるべきか?

企業において、リピート顧客は大切な存在です。 何度も商品を購入し、サービスを利用してくれる顧客は、企業に継続的な利益をもたらしてくれるからです。 しかし、一方で新規顧客も同じように大切な存在です。 特に創業期などは、リピート顧客が存在しないため、新規顧客の獲得に努めなければいけません。 ただ、どちらも同じレベルで大切に扱うのは至難の技。優先順位をつけるとすれば、一体どちらを大切にするべきなのでしょうか?

新規のお客さまを増やすためのプレスリリースの作り方

プレスリリースは大企業が利用するものだと思っていませんか?小さなお店や会社には関係ないと思われているプレスリリースですが、小さいからこそ注目されたときの効果が大きくなります。ときには取材を受けることにもつながるプレスリリースの作り方を紹介します。

世界共通語、単品管理(TANPIN KANRI)を解説!

今や世界の共通言語となっている単品管理という言葉をご存知でしょうか?単品管理は、マーケティングにおいて非常に重要です。単品管理をするだけで、商品の流れなどを掴むことができますので、ぜひ有効活用すると良いですよ。

近くにお店を複数店出すメリットって、何?

近くにお店を複数店出すと様々なメリットがあります。では、実際どのようなメリットがあるかご存知でしょうか。今回は、近くにお店を複数店出すと、どのようなメリットがあるのかについて説明をしていきたいと思います。

親子三代に来てもらえているお店の具体的な特徴とは?

長期経営をしたければ、親子三代にわたって来ていただけるような素晴らしいお店を作らなければいけません。ですが親子三代にわたって、来ていただけるお店の特徴と言われるとイメージしづらいと思います。今回はその具体的な特徴について説明していきます。

ダイレクトメールが他の手段と比べの反響率が高い理由とは?

チラシや新聞折込さらにはEメールなど数々の集客ツールがありますが、その中でもダイレクトメールは一番反響率が良いとされています。一体どのような理由からその高い反響率は生まれるのでしょうか?他のツールとの違いも交えてご紹介していきます。

必ず効果が出る!AIDMAとAISASの使い方

AIDMAやAISASを理解しただけでは当然、お店の売上アップにはつながりません。理解したうえで、きちんと使いこなすことが重要になってきます。ここでは効果を出すためにAIDMAやAISASをどのように使えばよいのかを説明します。

インターネット時代の集客モデル「AISAS」とは

これまで主流であったAIDMAの法則をインターネットの普及にともなった変化にあわせた集客モデルが必要になってきました。そこでAIDMAの「Desire」と「Memory」を「Search」に置き換え、最後に「Shere」を追加した結果うまれたのがAISASです。

ダイレクトメールのコストパフォーマンスってどれぐらい?!

ダイレクトメールはその他の集客ツールに比べて単価が高いのが一般的です。よく「ダイレクトメールは反響率が高い」と言われますが、果たして本当にそうでしょうか?この記事ではダイレクトメールのコストパフォーマンスを実際に測定する手順をご紹介します。

気をつけておきたい「ステルスマーケティング」の知識。

最近よく聞く「ステルスマーケティング」という言葉。一般的には「ステマ」と呼ばれ、以前何人かの芸能人がこの手法を使っていたことが発覚しニュースに取り上げられていました。この記事では「ステルスマーケティング」に関する基礎知識と気をつけておくべきポイントをご紹介します。

なぜチラシは「捨てられても配るべき」なのか?

よく、街中でチラシやティッシュを配っている店員さんを見かけることがあると思います。しかし、その受け取ったチラシやティッシュをどれほどの人が使うでしょうか?中には利用する人もいるかもしれませんが、多くの場合は捨てられてしまうはずです。それでも店員さんがチラシを配り続ける理由は何なのでしょうか?

「顧客の声」をうまく拾い上げる3つ方法。

「顧客の声」をうまく拾い上げる3つ方法。1.来店時・利用時のアンケート 一番オーソドックスな手法がこれです。飲食店であれば卓上に置いてあるアンケート用紙などがこれにあたります。クレームというほどではないぐらいの不備を、顧客が店員に面と向かって言うことは少ないでしょう。そのちょっとした不満を紙を通すことによって引き出す効果が期待できます。

クレーマーをリピーターへと変える方法とは?

企業にとっては耳の痛い意見である「クレーム」。多くが商品や接客に関してのものでしょう。しかし、クレームは見方を変えればリピーターを生み出すチャンスでもあります。ここではクレーマーをリピーターへと変える際に大事なポイントをご紹介します。

チラシ・広告を「繰り返し」配布する意味とは?

「チラシを配布したけど効果がなかった…。」そういって一度の配布で諦めてしまった方もいるのではないのでしょうか?たしかにチラシを刷るのにはお金がかかりますし、デザインも考えなければいけません。しかし、実はチラシには「配布当時の集客」以外にも価値があるのです。

ユーザーにサービス運営への「参加」を促すためのポイント。

以前は「企業がユーザーにサービスを提供する」という一方向型の運営が主流でしたが、現代では「ユーザーが企業のサービス運営に参加する」という双方向型の運営が人気を集めつつあります。そこで今回は、ユーザーにサービス運営への「参加」を促すポイントをご紹介します。

どこからが「個人情報保護法」違反? 気になる基礎知識

情報化社会において「個人情報」の取り扱い方はますますデリケートになってきています。扱い方を間違えれば顧客、そして企業ともに大きなダメージを負いかねません。この記事ではチラシをつくったり集客をする上で押さえておきたい「個人情報保護法の基礎知識」をご紹介します。

口コミ効果倍増!?効果的な口コミをしてもらえるスゴワザ特集

集客の中でも最も効果が高いと言われているのが口コミによる集客です。つまり、知り合いづてに紹介された商品は買いたくなるということですね。この口コミですが、企業が思っているような口コミをしてもらえるとは限りません。さらに口コミをしてもらえるかどうかも顧客心理に委ねるため、非常に不確かなものです。そこで今回は口コミをしてもらいやすくなるようなテクニックをご紹介します。

ダイレクトメールの反応率を劇的改善!反応率を高める頻度と内容

ダイレクトメールの効果は出ていますか?ダイレクトメールは作成者によって大きく反応率が変わるものです。ダイレクトメールと聞くと、商品カタログなど売り込みとして利用する認識が一般的です。しかし、ダイレクトメールで本当に成果を出したいのならば必ずやってほしいことがあります。今回は反応率を高める頻度と内容の解説です。

お客様のクレームをはリピート購入につながるチャンスです

出来ることならば聞きたくないお客様のクレーム。それでも人間が働いている以上必ずミスは起こりますし、クレームは発生してしまいます。でもそんなクレームも対処方法を間違えなければクレームをしてきたお客様が常連客になってくれることもあります。クレームというピンチはチャンスに変えることが出来ます。お客様のクレームをリピーターにつなげるためのクレーム対応術を説明します。

WEB集客とチラシ集客はどのように違うのか?

WEB集客とチラシ集客はどのように違うのか?

ほとんどすべての人がインターネットを使える時代になった昨今。WEB集客が一般化しています。では、WEB集客とチラシを使ったリアルの集客。どのように違うのかを比較していきたいと思います。

他店との違いを見せつける「3つの商品戦略」

経営をしていく上で商品の構成や価格設定はもっとも重要な要素のひとつ。しかし、「どういった構成がいいのか?」「他店と差別化を分かるにはどうしたらいいのか?」と悩んでいる経営者の方も多いかと。そこで今回は具体的な3つの商品戦略についてお話しします。