Magazine

ポスティング

最新記事一覧

チラシで反響を出すために重要なこととは?

チラシを配る上で気になるのは反響が出るかどうかですよね。ですがなかなか反響を出せる方法が分からず日々試行錯誤している方も多いと思います。今回の集客講座では、反響に影響を与える項目ごとにそれぞれで重要な考え方、押さえるべきポイントをまとめています。少し長いですが集客にお悩みの方はぜひ最後までお読みください。

反響率UP!ポスティングで効果を出すためのコツ

反響率UP!ポスティングで効果を出すためのコツ

「ポスティングをやってみたいけれども効果が心配」「ポスティングを実施したけれども効果がいまいち分からない」といった悩みをお抱えの方も多いのではないでしょうか?ポスティングの反響率は一般的には0.5%~0.8%程度と言われていますが、チラシのデザインや配布エリア、商材など多くの要素によって大きく異なり、5%の反響があったという例もあります。ここでは、高い反響率を得るために注意すべきことをご紹介いたします。

ポスティング・新聞折込の効果的な利用方法

ポスティング・新聞折込の効果的な利用方法

販促や求人のチラシのデザイン・印刷が終わった後、大きな課題となるのが「どうやって配れば反響が出るか」です。ここではチラシの代表的な配布方法である新聞折込・ポスティングについて、その特徴と利用のコツをご紹介いたします。

チラシ配布に時間をとられすぎていませんか?

チラシ配布に時間をとられすぎていませんか?

お店、自社商品の集客・販促をするにあたって、チラシの配布は効果的な上に安価で手軽な手段の1つです。ただ、その手軽さゆえに、スタッフの時間をチラシ配布にとられすぎていませんか?

アルバイトが足りなくなる?法改正前に折込チラシで求人募集!

アルバイトが足りなくなる?法改正前に折込チラシで求人募集!

2016年10月にパート・アルバイト労働者の社会保険加入要件が緩和されます。これにより、多くのパート・アルバイト労働者の働き方が変わり、急激なパート・アルバイト不足が発生する可能性があります。シフトが回らなくならないよう、今のうちから求人をしておきましょう!!

ポスティング・新聞折込でアルバイト募集!

ポスティング・新聞折込でアルバイト募集!

アルバイト・パートって募集をしてもなかなか集まりませんよね。アルバイト媒体だと掲載単価は高くなりがち。また本当は近所の人を欲しいのに、遠方の人からのお問い合わせが大半を占めてしまう、ということもありますよね。そんなアルバイト募集でお困りの方におススメするのがポスティングと新聞折込。なぜ専門のアルバイト媒体ではなく、ポスティングと新聞折込がおススメなのかご紹介していきます。

ポスティング、対応エリア拡大中!

ポスティング、対応エリア拡大中!

ラクスルのポスティングをご利用のお客様によると、ポスティングによる集客の反響率は平均0.9%、効果の高かったものでは、反響率5.0%といった事例もあります。反響率5.0%ということは、1万枚のチラシをポスティングすることで500名のお客様の購買につながるということになります。「でも、どうせ人の多い東京都心部でしか対応していないんでしょ?」と思っていませんか?ラクスルのポスティングが対応しているのは、東京都心部だけではありません!あなたのエリアが対応しているか、確認してみましょう!

【集客サイクル】見込み客の獲得から優良顧客への育成方法を伝授!

【集客サイクル】見込み客の獲得から優良顧客への育成方法を伝授!

商売をする上で切っても切り離せないもの、それは集客と販促です。常に新しいお客様を呼び込み続けること、そして何度も来てくれるお客様に育て上げることが非常に重要ですよね。そこで今回の特集ではラクスルがおススメする集客サイクルをご紹介します。

ポスティング・新聞折込の反響率を改善する3つの方法

ラクスルでは、ポスティング・新聞折込を実施くださっているお客様の実施結果を分析し、さらにお客様の集客のために、そのノウハウを役立てていきたいと考えております。ポスティング・新聞折込を実施されたお客様からのもっとも多いご相談は、「どうすればもっと反響が得られるか?」 何度も試していくことで精度があがっていくものですが、できれば最短でその方法にたどりつきたいですよね。今回は、「反響率を改善する3つの方法」を伝授いたします!

ポスティングを成功させるために覚えておきたい3つの配布方法

何も考えずにポスティングをした場合、せっかく作ったチラシが無駄になることがあります。家庭向けのサービスを事業所に配布したり、ガーデニングのチラシをマンションに配布してもほとんど意味はありません。ポスティングはターゲットを明確にしたうえで配布方法を決める必要があります。

リスティングとポスティング、どちらを選べば良いのか?

スマートフォンの普及などのおかげでインターネットの普及率がほぼ100%と言える日本において、リスティング広告は企業にとって欠かせない集客手段のひとつになっている。しかし、最近、一般化しているが故の高騰が起こっているのも事実。なぜ起こっているか?なぜポスティングは同じことが起こらないのか?を考察したいと思う。

「自分でポスティング!」気をつけるべきポイントは?

チラシを使ったポスティング。少量の部数で近隣にだけ行うのであれば、業者に頼むよりも自ら行った方がよい場合もあります。そんな「自らポスティングをしよう」と考えている人、バイトなどでポスティングをすることになった人向けに気をつけておくべきポイントをまとめておきました。

あなたはどれを選びます?「ポスティング」3つの選択肢。

ポストにチラシを投函することを「ポスティング」と言います。自力でポスティングがあれば、アルバイトとして行うポスティングもあり、その形態は様々です。今回はポスティングを行うときに考えるべき「3つの選択肢」を紹介します。

意外と知らない「折込」と「ポスティング」の違いって?

家に届くチラシには新聞などと一緒に届く「折込」と、家のポストに直接入っている「ポスティング」があります。どちらもポストに入れられる方法ですが、実はターゲットや価格、さらには自由度などにも違いがあるのです。

どれが一番?効果別のポスティング方法3選。

お客様の家へ直接チラシを投函するポスティングは、確実に届ける事によって、とても大きな印象を与えます。手軽に自分たちで行う事もできれば、専門の業者に依頼する方法もあります。より多くのチラシをお客様の手にとってもらうためにも、効果的にポスティング方法を使い分けましょう。

WEB集客とチラシ集客はどのように違うのか?

WEB集客とチラシ集客はどのように違うのか?

ほとんどすべての人がインターネットを使える時代になった昨今。WEB集客が一般化しています。では、WEB集客とチラシを使ったリアルの集客。どのように違うのかを比較していきたいと思います。

お客さまを確実に集客できるチラシの配布方法全集

キャッチコピーを考えに考えて、素晴らしいデザインのチラシができて満足して終わっていませんか?チラシを作ることが目的ならそれでいいのですが、本当の目的はチラシで集客することですよね。チラシはただ配ればお客さまが勝手にアクセスしてくれるわけではなく、その配布方法によって効果がまったく変わってきます。どんな配布方法があるのかを紹介します。

お金なんてかけません!自分でできるチラシの配布方法

チラシを印刷するのに1枚2円、チラシを折り込むのに1枚4円。チラシって作るよりも配るほうが高いということを覚えて起きましょう。予算が限られている場合、自分で配布するほうが圧倒的にコストダウン出来ますよね。自分でできる配布方法を紹介します。

チラシの配布を業者に発注する際の正しい方法

チラシを配る際、一軒ずつ回って自分の手でポストに入れていく方法もありますが、業者に依頼する方法というのもあります。今回は、チラシの配布を業者に依頼する際に、どうすれば良い業者を見つけることができるのかについて、説明を行っていきます。

自社vs専門業者!ポスティングコストを徹底比較

ポスティングを専門の配布業者に依頼するにはそれなりのコストがかかります。自分たちでやってしまえば目に見えるコストは下がりますが、目に見えないコストがかかります。どちらが優位なのかを徹底比較してみました。

ただ配るだけではない!信頼できる配布業者の選び方

ポスティングを依頼したけどほとんど反響がないと感じた場合、配布業者に問題があることがあります。指定していない地域にポスティングをされたり、指定した地域にポスティングされてなかったり。時にはチラシを捨てられたということも発生しています。ここではきちんと仕事をしてくれる配布業者の選び方を説明します。