Magazine

ラクスルマガジンキーワード

ポスター

最新記事一覧

【クーポンで10%オフ】日替わりSALEを好評につき2/28まで延長します!

※日替わりSALEはすでに終了しております。

2/16(金)から実施しておりました7日間限定日替わりSALEですが、おかげさまで多くの反響をいただきました。そこで、2/28(水)までSALE期間を延長させていただくことになりました!
専用のクーポンコードを入力することで、毎日人気商品のいずれかが10%オフとなるおトクなSALEです。ラインナップおよびスケジュールをご確認の上、ぜひ決算期の販促や新年度に向けたご準備にご活用ください。

※本SALEは見積もり商品は対象外となります。予めご了承ください。

最大70%OFF!年始スタートダッシュキャンペーン

最大70%OFF!年始スタートダッシュキャンペーン

※年始スタートダッシュキャンペーンはすでに終了しております。

新年を迎え、初売りセールや年始のご挨拶、更には来たるバレンタイン商戦の準備などで印刷のご注文を検討されている方に朗報です。このたびラクスルでは"年始スタートダッシュキャンペーン"と題しまして、1/19までの期間限定で最大70%OFFの大幅値下げを実施いたします!

対象商品はチラシ冊子折りパンフレットポスター封筒ポストカードの6商品です。ぜひ効率的な販促にお役立ていただき、2018年のスタートダッシュを成功させましょう!

選挙活動をサポートするポスターやチラシなどの印刷物

選挙活動をサポートするポスターやチラシなどの印刷物

限られた時間で多くの有権者に対し、候補者の名前や政策・マニフェストをアピールしなければならない、選挙活動。そんな選挙活動にはオリジナルの印刷物が必須です。選挙ポスター、室内用ポスター、政策チラシ・ビラ、はがき、名刺、のぼり、などなど… 選挙活動に欠かせない各種印刷物をラクスルではお取り扱いしております。衆議院や参議院の国政選挙から、知事選や市長選等の首長選挙、更には県議選や市議選などの議会選挙まで、 選挙をサポートする印刷物はラクスルにお任せください!

チラシ・ポスターのおすすめサイズと活用術

無料デザインテンプレートで作成!チラシ・ポスターの用途別おすすめサイズ

無料デザインテンプレートでかんたんにデザイン制作できるオンラインデザインサービスは対応商品・サイズを絶賛拡大中です。チラシは人気のA4サイズをはじめ合計10サイズ(A3~A7、B4~B8)、ポスターはA2サイズをはじめ合計6サイズ(A1~A3、B1~B3)に対応しています。これまで以上に幅広い販促用途でご利用いただけます!
「商品サイズが増えるのはうれしいけど、どのサイズを選べばよいのだろう?」というお客様の声にお応えして、チラシとポスターの代表的な使い方とおすすめ用紙サイズをご紹介します。

ラクスルのお試しシリーズ【期間限定!1,000円ポスター新登場】

※お試し1000円ポスターのキャンペーンはすでに終了しております。

お試しシリーズに期間限定でポスター追加! 500円や1,000円から印刷物を注文できたら、気軽で嬉しいですよね。そんなお客様のご要望に答えてラクスルではお試しシリーズの販売を開始いたしました。チラシ・ポスターを1,000円から、名刺・冊子を500円からご提供しております。

ポスターに適した紙の種類と厚さのヒント

ポスターに適した紙の種類と厚さのヒント

ポスターの起源は、古くギリシャ・ローマ時代、技術的にはルネッサンス以降の活版印刷の出現、そして、広告メディアとしては、パリの万国博や江戸時代の引き札が原点といわれています。
ポスターによく利用される紙は、大きく分けて、アート紙、コート誌、マット紙の3種類です。もちろん、これ以外にも特殊な紙を使うこともありますが、今回は、3つの紙を中心に説明します。

実はポスターは簡単に作れます!

実はポスターは簡単に作れます!

ポスターを作成する機会は意外にありますよね。例えば、保育園、幼稚園や小学校のイベント告知用のポスターや町内会のイベント等です。
絵を描くことが苦手な場合には、一からポスターを手書きで作成するのは根気のいる作業です。
最近では、パソコンを使ってポスター作成をすることも一般的です。よく知られているソフトは、Adobeのイラストレーターですね。人目をひくポスターを自由な発想でデザインすることができます。ただし、プロも使うソフトなので、ある程度の技術や知識は必要になります。
もっと気軽にポスターを作成したいという場合でも、お金をかけずにポスターを作成する方法があります。ここでは、無料であっという間にポスターを作成するコツをご紹介します。

屋内・屋外用のポスターの違いって何?

屋内・屋外用のポスターの違いって何?

「ポスター」という言葉から、皆さんは何を想像しますか。
国政選挙や地方選挙で街角に掲示される選挙ポスターをイメージする方もいれば、絵画に匹敵するような芸術的なポスター、街や乗り物の中の広告ポスター、身近なところで、学校や職場に掲示される案内情報など様々な場所でポスターを見ることができます。
選挙ポスターは屋外に展示されますが、屋内に展示されるポスターとの違いはどこにあるのでしょうか、今回は屋内ポスター、屋外ポスターの違いについて、説明します。

ポスターの紙の種類、厚さの選び方

ポスターの紙の種類、厚さの選び方

戦後、銀座にポスター専門の画廊があったほど、ポスターは芸術的な価値を持っていた時代があります。パリのムーランルージュや、赤玉ポートワインなどのポスターは、今でも美術館などで展示されています。
印刷技術の発展が、ポスターを産み出し、写真技術やCG技術が今日のポスターに活かされています。本日はそんなポスターの紙の種類、厚さの選び方についてお伝えします。

2017年初売りで差をつける販促ツールの活用術

2017年初売りで差をつける販促ツールの活用術

クリスマスが終わるとすぐにやってくる初売り。購買意欲が高まっているこの時期は、既存のお客様だけではなく、新規のお客様を獲得できる大きなチャンスです。今回は冬の商戦の波に乗るべく、販促ツールの効果的な使い方をご紹介します!

A3サイズとは

A3サイズとは

A4サイズといえば、一般的なノートやプリンターで一番使われる用紙サイズなので、サイズ感はつかめると思います。しかし、A3と聞いてすぐにピンとくる人は少ないのではないでしょうか?
この記事では、A3サイズの寸法やサイズ感、実際にどういうものに使用するかなどをご紹介していきます。

A1サイズとは

用紙のサイズにはAサイズとBサイズがあり、それぞれ0から10までのサイズがあります。もともと日本ではBサイズを使用していたのですが、19世紀にドイツでAサイズが提案され、国際標準化機構(ISO)の国際規格になったため、日本ではAサイズとBサイズの両方の企画を採用することとなりました。
この記事では、A1サイズとはどのようなサイズなのか、またどのような用途に使うかなどを紹介します。

イベント、集客に大活躍!ポスター印刷活用法

イベント、集客に大活躍!ポスター印刷活用法

チラシの活用法はわかるけれど、ポスターの活用法がよくわからないという声を多くいただきます。そこで、今回の特集では、ポスター印刷がどのような所で活用されているかをご紹介いたします。

屋外用に最適!雨だけではなく紫外線にも強いポスターの作り方

屋外用に最適!雨だけではなく紫外線にも強いポスターの作り方

選挙のポスターなど屋外に貼ってあるポスターは雨に濡れても破れることはありません。それはポスター用にさまざまな種類の耐水仕様を施してあるからです。
この記事では、ポスターの耐水性を高めるさまざまな方法やそれに適したインクなどを紹介します。
大変申し訳ありませんが、選挙ポスター以外のポスターで耐水紙を選択いただいた場合は、通常インクのため雨や結露でインクが落ちる場合がございます。

A2サイズとは

A2サイズの印刷物の作成を依頼されて、始めて「A2」というサイズを意識した人もいるでしょう。
A2サイズとは、そのくらい一般的には使用する機会が少ないサイズになります。
この記事では、A2サイズがどのような大きさなのかを身近なもので説明し、利用されるシーン、梱包方法や郵送に仕方についても紹介します。
それでは、早速大きさの説明から始めましょう。

用途から探すおススメ販促ツール

用途から探すおススメ販促ツール

販促ツールを印刷する!と言っても、商品や紙・サイズなど選択肢は無限大!一体何を作成すれば良いのか迷ってしまうもの・・・。そんなあなたに、利用シーンや目的に合わせたおススメ商品をご提案いたします。

屋外用と屋内用で違う!選挙ポスターを作るポイントとは?

選挙ポスターは屋内用、屋外用の両方が考えられますが、それぞれ最適な紙や印刷方法が異なります。
用途にあっていない紙や印刷方法でポスターを作ると、ポスターがすぐに使い物にならなくなり、作り直しをしなければならなくなるかもしれません。
この記事では、印刷者が気をつけるべき、ポイントを屋外用、屋内用に分けて説明します。

おしゃれなだけではダメ!目的を達成できるポスターを作る方法とは?

ポスターを作るとき何を基準に作成していますか?デザイナーとしては、「見た目がかっこいい」ものを作りたくなるかもしれません。
しかし、「かっこいい」を基準にすると全くポスターを作る目的を達成できないことも。ポスターを作るにはもっと大切なことがあり、そのためのテクニックもあります。

B2サイズとは

紙のサイズは基本的にA系列、B系列の2つの規格に代表されます。JISで制定されているB系列はA系列の1.5倍のサイズになります。
B2サイズの紙は728x515mmで、ポスターやチラシなどに利用されています。事務用によく利用される、B3用紙の倍のサイズになります。今回はB2サイズの特徴について見ていきたいと思います。

ポスター作り、用紙サイズの決め方

ポスター作り、用紙サイズの決め方

ポスターを作成・印刷する際、どのサイズを選べばよいか分からず悩む人も少なくないと思います。また、遠くからでも目立つようにすべきなので、デザイン・クリエイティブも非常に重要になってきます。ここではポスターを作成する上で知っておきたいサイズ、デザインに関する情報をまとめました。

アート作品とは違う!集客に効果があるポスターのデザインとは?

ポスターはさまざまな種類がありますが、アート作品としてのポスターと「集客が目的」のポスターでは、作り方や意識することは全く変わってきます。
この記事では、集客効果をあげるためのポスターをデザインする際のコツについて紹介します。

A0サイズとは

普段の生活では、なかなか使用することがないA0サイズ。まず、「0サイズ」というものの存在さえ知らない人も多いのではないでしょうか?
しかし、誰でも「A0」サイズは見かけたことがあるサイズなんです。
この記事では、A0サイズとはどのようなサイズなのか、またどのような印刷物に使用されているのか紹介していきます。

B0サイズとは

一般的な会社で使用される印刷用紙といえば、「A4」サイズ。もしくは、A1やB5サイズがたまに使用される程度です。
B0サイズと言われてもどのようなサイズなのか、何に使うものなのか検討がつかないと思います。
この記事では、B0サイズとはどのようなサイズの用紙なのか、どのようなシーンで使用されるものなのかについて説明していきます。

B3サイズとは

B3サイズはA4、A3サイズと並んで事務用資料としてよく使われる用紙サイズです。もともとB系列の用紙サイズは、日本独特の「美濃サイズ」に由来し、日本の公文書は、長くB系列の用紙を使っていました。
平成7年に政府が、海外で主流のA系列を、政府関連の公的文書に採用したこともあり、B系列はあまり使われなくなっています。 B3の用紙サイズは、364x515mmで、A4とA3の中間サイズになります。ランドセルがA4を収めるように設計されているので、それより少し大きいサイズとして理解すれば良いと思います。
ここではB3サイズの特徴についてまとめていきます。

【保存版】印刷用紙の選び方

【保存版】印刷用紙の選び方

「ラクスルでチラシや名刺を印刷してみよう」!といざ思い立ってみたはいいものの、用紙が何種類もあってどれを選べばいいのかわからない…。この特集では、用紙の「種類」「厚さ」「サイズ」の特徴や用途、選び方を解説いたします。なお、ラクスルでは無料の印刷サンプルをご用意しております。用紙が持つ質感や風合いは本ページ上でお伝えできる範囲に限りがあるため、実際に印刷サンプルを触ってご確認いただくことをおすすめしております。