Magazine

ラクスルマガジンキーワード

タペストリー

最新記事一覧

タペストリーの上手な使い方

タペストリーという言葉で何を思い起こしますか?キャロルキングの名曲を思い出す方は80年代音楽に夢中だった方だと思います。その日本語訳は「つづれ織り」で、4千年前にエジプトに生まれたコブト織りを起源としています。
日本へは奈良時代、大陸文化とともに中国から伝わってきました。奈良の法隆寺や正倉院にも当時の遺品が収蔵されているそうです。日本では、和服の帯の素材としても広く利用されています。
本記事ではタペストリーの上手な使い方について見ていきます。

タペストリーで業態活性化

しばらく訪問していない街を訪問すると、街の姿が変貌していることに気付かされます。特に最近は、その傾向が強くなってきました。以前はよく企業30年説が唱えられていましたが、最近は企業3年説を説く人も多くなっています。
それだけ時代が目まぐるしく変化し、企業もその業態を変化させる必要性が強くなっています。特に、飲食業やファッション産業など、生活者に直接関わる業態においては必要不可欠の時代になっています。
本日はこういった背景を踏まえて集客・販促ツールとしてのタペストリーにフォーカスをあててみたいと思います。

タペストリーも壁も傷つけない!ベストな飾り方はこれ!

「お気に入りのタペストリーを飾りたいけど、壁に傷はつけたくない。どうしよう……。」と迷っていますか?そんな方のために、壁の傷は最小限にとどめながら、タペストリーをきれいに飾る方法を伝授します。

タペストリーとその印刷方法

タペストリーとその印刷方法

タペストリーは、もともと室内装飾用の壁掛けを意味し、高価なゴブラン織りとしても知られています。平織りの一種で、太い縦糸で横糸を包み込み、縦糸だけで模様を再現します。
日本ではつづれ織りに相当し、キャロルキングのヒット曲にもなりました。ピカソ、ミロなどの巨匠もゴブラン織りの作品を制作しています。
今回解説するのは、織物ではなく、室内装飾用に印刷技術を利用して制作された告知ツールです。基本的には幕やポスターの上下にパイプやバナーを取り付けて、主に室内で吊り下げて商品案内やイベント告知に使用しますが、商店街などでは、屋外でも店内誘引やイベントの告知などに利用されます。
また、純粋にインテリアの室内装飾品として、絵画や写真などの印刷、イベントなどの記念品や、プロモーション用の画像を印刷して、利用することもあります。サイズ的には垂れ幕のような大きなものから、売り場の卓上などに掲示する小型のものまで様々です。

ここに飾ってはダメ!タペストリーを飾る場所ワースト3

タペストリーの耐久性は使われている素材や印刷方法によって大きく変わってきます。しかし、いくら高品質のタペストリーでも、扱い方や保存方法が悪ければすぐに痛んでしまうものです。
この記事ではタペストリーの正しい飾り方や保存の方法を説明します。

タペストリーの販促効果

タペストリーの最大の利点は、店舗、売り場、商品コーナーに密着した販促メディアであることです。テレビや雑誌などのマスメディアは、広く生活者に認知してもらう効果はありますが、実際に店舗に来てもらうためには、生活者のニーズにマッチする必要があります。それに対し、タペストリーなどの店舗メディアは、ウィンドウショッピングも含めて、購入意欲を持った生活者に、直接訴求することができます。購入に結びつく可能性は、圧倒的に強力です。
今回はこういったタペストリーの販促効果についてまとめていきます。

A1サイズとは

用紙のサイズにはAサイズとBサイズがあり、それぞれ0から10までのサイズがあります。もともと日本ではBサイズを使用していたのですが、19世紀にドイツでAサイズが提案され、国際標準化機構(ISO)の国際規格になったため、日本ではAサイズとBサイズの両方の企画を採用することとなりました。
この記事では、A1サイズとはどのようなサイズなのか、またどのような用途に使うかなどを紹介します。

B2サイズとは

紙のサイズは基本的にA系列、B系列の2つの規格に代表されます。JISで制定されているB系列はA系列の1.5倍のサイズになります。
B2サイズの紙は728x515mmで、ポスターやチラシなどに利用されています。事務用によく利用される、B3用紙の倍のサイズになります。今回はB2サイズの特徴について見ていきたいと思います。

B3サイズとは

B3サイズはA4、A3サイズと並んで事務用資料としてよく使われる用紙サイズです。もともとB系列の用紙サイズは、日本独特の「美濃サイズ」に由来し、日本の公文書は、長くB系列の用紙を使っていました。
平成7年に政府が、海外で主流のA系列を、政府関連の公的文書に採用したこともあり、B系列はあまり使われなくなっています。 B3の用紙サイズは、364x515mmで、A4とA3の中間サイズになります。ランドセルがA4を収めるように設計されているので、それより少し大きいサイズとして理解すれば良いと思います。
ここではB3サイズの特徴についてまとめていきます。