Magazine

ラクスルマガジンキーワード

シール・ステッカー

最新記事一覧

シール印刷で、お客様をキャッチしよう

シール・ラベルは生活の中のあらゆる場面に利用されています。ステッカーや日本酒や飲料、食品のラベル、POP広告や、偽造防止、ナンバリング、ホログラムなどその活用範囲は拡大しています。特に、多品種少量の用途にはよく利用されています。
ここではシール・ラベルの様々な活用シーンについて触れていきたいと思います。

ステッカーを色褪せや水濡れから守るための基礎知識

ステッカーを色褪せや水濡れから守るための基礎知識

シール・ステッカーは、使われる場所や状況に応じて、様々な素材が利用されます。基本構造は、「素材(基材)」「糊」「表面加工」「台紙」の4層で構成され、その組み合わせによって、基本性能が決まります。今回は、素材と糊を中心に解説します。

シール・ステッカーのデータ作成(後編)【ラクスル印刷講座 vol.5】

シール・ステッカーのデータ作成(後編)【ラクスル印刷講座 vol.4】

先週の前編に引き続き、今回はラクスル印刷講座 vol.4、「シール・ステッカーのデータ作成」<後編>です。前回の講座では、印刷形状の種類や注文サイズについて解説しました。取り扱っている加工や紙種はベーシックなものですが、形や大きさを組み替えれば何通りものステッカーを作成できますね。
さらに、今回は次なる行程「入稿データ作成」についての解説です。お気に入りの絵や文字を使って、自分だけのステッカーをデザインしてみましょう。データが用意できれば、あとは注文・入稿するだけで発注完了です!

シール・ステッカーのデータ作成(前編)【ラクスル印刷講座 vol.4】

「記念に自社ロゴのステッカーを作りたい」「ノベルティとしてオリジナルキャラクターのシールを配りたい」「至急、訂正シールが欲しい」といったお客様のご要望によって開始した、シール・ステッカー印刷。
様々な用途で使えるようにベーシックな紙種と加工を用意しています。データ作りが難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実際はポイントさえ押さえていれば大丈夫。
データの作り方をマスターして、オリジナルステッカー制作に挑戦してみましょう!