Magazine

ラクスルマガジンキーワード

キャッチコピー

最新記事一覧

効果的なキャッチコピーは視点を変えて考える

様々なうたい文句で商品が紹介されている中で、通りすがりでさえもふと立ち止まりたくなるようなキャッチコピーはどのように生みだされているでしょうか。さりげなく人目を引くことばを作る方法とはどんなことだと思いますか?

キャッチコピーにおける1人称・2人称・3人称の使い分け方法

キャッチコピーにおける1人称・2人称・3人称の使い分け方法

キャッチコピーを使って何かを訴えかけたいとき、「私」「あなた」「彼」「彼女」などの人称代名詞を使うことによって、より親近感を持って、自分のことのようにイメージさせることが出来ます。ですが、人称代名詞にも色々なものがありますよね。そこで、今回はそれぞれの人称代名詞を使い分ける方法をご紹介いたします。

キャッチコピーは数が勝負!「案出しの極意」とは?

キャッチコピーは数が勝負!「案出しの極意」とは?

チラシはそれに書かれているキャッチコピーでその効果が大きく左右されるツールです。誰しもが優れたコピーをつけたいと思っているはずですが、いきなり優れた案を出すのは中々難しいでしょう。そこで今回はキャッチコピーにおける「案出しの極意」をご紹介します。

実践!魅力的なキャッチコピーの考え方

実践!魅力的なキャッチコピーの考え方

広告の2大要素といえば、写真とキャッチコピー。パッと見の印象はこの2つでほとんど決まります。他の部分を読み込んでもらえるかどうかは、写真とキャッチコピー次第。今回は、キャッチコピーのテクニックをいくつか紹介します。

パッと目を引いて説得力のある、キャッチコピーの書き方4選。

パッと目を引いて説得力のある、キャッチコピーの書き方4選

チラシを作る時に、目を引くために使う大きめに表示する文章。キャッチコピーをどうやったら、より目を引くことができるかというテクニックです。この4つのことを使えば、何も考えずに使うよりも気になるキャッチコピーを作ることができます。文字通り、お客様をキャッチしましょう。

「けもの道」流キャッチコピーを考える方法。

「けもの道」流キャッチコピーを考える方法

はじめまして。ライターの「けもの道」です。この記事ではライターとして数々のキャッチコピーを見てきた私が、「実際に使えるかどうか」に重きを置いて考えた「初心者がキャッチコピーをつくる3つのステップ」をご紹介いたします。

キャッチコピーづくりに役立つ「労働基準法」の基本。

キャッチコピーづくりに役立つ「労働基準法」の基本

どれだけ優れた品質でも、それを購入し使ってもらわないことには顧客には伝わりません。そのためにキャッチコピーでは「商品を使わずして、その品質の良さを分かってもらうこと」が重要なのです。以下に紹介する3つのポイントを上手く活用し、読み手の興味を引くチラシをつくってみましょう。

お客様を引き寄せるお店のキャッチコピー、3つのポイント

お客様を引き寄せるお店のキャッチコピー、3つのポイント

お客様への印象を一番に決めるものは、なんといってもお店のキャッチコピーです。しかし、漠然とありふれたフレーズを並べるだけでは、他社の広告に埋もれてしまいます。「強み」「安心感」「簡潔さ」を駆使して、多くの人の目に留まるキャッチコピーを考えましょう。

購買意欲アップにつながるキャッチコピーを書くための3つのポイント

購買意欲アップにつながるキャッチコピーを書くための3つのポイント

どんなにすばらしい商品であっても、誰もが知っている商品でもないかぎり棚に置いておくだけではお客さんは手にとってくれません。反対にどんな平凡な商品でもキャッチコピー1つで輝きはじめる、爆発的に売れることもこともあります。お客様の心をキャッチするキャッチコピーを考えて、お客様の購買欲を刺激しましょう。

厳選3選!トップレベルの海外の魅力的なキャッチコピー

厳選3選!トップレベルの海外の魅力的なキャッチコピー

日本に魅力的なキャッチコピーが存在するように、海外にも魅力的なキャッチコピーは存在します。海外のキャッチコピーと言われて、あなたはどのようなものを想像しますか?今回は、誰もが知っているトップレベルの企業の3つのキャッチコピーを題材に上げ分析していきます。

日本の有名な商品・企業・都道府県のキャッチコピー

日本の有名な商品・企業・都道府県のキャッチコピー

「あっ、これ懐かしい!あの頃を思い出すな〜」みなさんには、耳にするだけで当時の情景や感情が湧き上がってくる、そんな思い出のキャッチコピーはありませんか?今日も無数のキャッチコピーが生まれては廃れていきますが、中には何年経っても色褪せない「不朽の名コピー」も存在します。この記事では、そんな名コピーを日本の企業・商品・都道府県の3つのカテゴリーに分け、特に有名な5つの代表作を集めてみました。

気をつけよう!差別化できないよくあるキャッチコピーたち

気をつけよう!差別化できないよくあるキャッチコピーたち

あなたのチラシに「大安売り」「おいしい」「グランドオープン」という言葉使っていませんか?それらの言葉はよく目にする言葉なのでとても伝わりやすいのですが、他社との違いを差別化できなくなってしまいます。今はどこもかしこも「大安売り」でインパクトもありませんよね。そんなよくありすぎて差別化できないキャッチコピーについて紹介します。

キャッチコピーを作るにあたって必要な法律の知識

キャッチコピーを作るにあたって必要な法律の知識

キャッチコピーを考える際、他の人が既に考えた物を意図的にそのまま使う人はいません。これは、誰しも頭の中に「他人の物を勝手に使ってはいけない」という考えを持っているからです。では、具体的に法律でキャッチコピーはどこまで守られているのでしょうか?トラブルから身を守るために、法律についての知識を事前に備えておきましょう。

意外とはまる「失敗するキャッチコピー」3つの特徴とは?

意外とはまる「失敗するキャッチコピー」3つの特徴とは?

「失敗するキャッチコピー」3つの特徴とは?成功するキャッチコピーには特徴がありますが、失敗するキャッチコピーにも特徴があります。 にも関わらず、巷には「成功するキャッチコピー」についての記事しかありません。 この記事では、逆に「この特徴に当てはまっていれば失敗する」という例を挙げ、解説していきます。

世界をまたにかけるグローバル企業のキャッチコピーまとめ

世界をまたにかけるグローバル企業のキャッチコピーまとめ

日本企業のキャッチコピーはCMや広告でよく目にしますが、海外に本社を置く外資系企業のキャッチコピーはあまり見たことがありません。しかし、私たちが知らないだけで、各社ごとに魅力的なキャッチコピーがつけられています。そこで今回は、食品/外食・アパレル・ITの3つのカテゴリーから、ぜひ皆さんに知って欲しい、魅力的な外資系企業のキャッチコピーをご紹介します。

効果的なキャッチコピーにするために必要な「3つの視点」

効果的なキャッチコピーにするために必要な「3つの視点」

キャッチコピーにはすでに無数の先例が存在しています。真似してしまわないようにと、真剣に考えれば考えるほど、ついつい煮詰まってしまうもの。そんなときは、そのまま同じやり方で考え続けても、あまり上手く事は運びません。一度、考え方をリセットする必要があります。これから紹介する3つの視点を使って、固まった考えをリセットし、見方を変えてみてはどうでしょう。

【キャッチコピー】飲み放題をアピールするチラシ作り

【キャッチコピー】飲み放題をアピールするチラシ作り

飲み会など大勢で集まる食事の時、飲み放題のサービスがあると嬉しいものです。飲み放題は、現在どのお店にも基本的なサービスとして組み込まれており、単独でお店選びの基準となるには、少し効果が薄いと言えます。では、どのようにして飲み放題の魅力をアピールすると良いのでしょうか?

3つの手順を明確に!キャッチコピー案を考えよう。

3つの手順を明確に!キャッチコピー案を考えよう。

もし、文章を2,3個考えただけでキャッチコピーが作れたら、誰も苦労しませんね。キャッチコピー作りには膨大な時間と、情報の整理が不可欠です。3つの手順を踏まえながら、情報を求めている人の目に届くようなキャッチコピーを作っていきましょう。

40代女性を動かす、キャッチコピーの隠された力

40代女性を動かす、キャッチコピーの隠された力

一昔前の40代女性のイメージといえば、一日中家で家事をしているというものでした。しかし、バブルを経験した現在の40代女性たちはバリバリ働き、ファッションを楽しみ、20代よりもさらに磨きがかかった美しい女性たちばかりです。そんな彼女たちの心をくすぐるキャッチコピーとはいったい何なのでしょうか?

品質の良さを伝えるコピー「3つのポイント」。

品質の良さを伝えるコピー「3つのポイント」

どれだけ優れた品質でも、それを購入し使ってもらわないことには顧客には伝わりません。そのためにキャッチコピーでは「商品を使わずして、その品質の良さを分かってもらうこと」が重要なのです。以下に紹介する3つのポイントを上手く活用し、読み手の興味を引くチラシをつくってみましょう。

安さを伝えるコピー「3つのキーワード」。

安さを伝えるコピー「3つのキーワード」

チラシや広告は主にSALE期間に配布されることがほとんどです。そのため、そのチラシを見た人が一瞬で「これは安い」と思えるようなコピーでなければいけません。あらかじめ相場を知っている人以外にも「安い」と思わせる3つのキーワードを紹介します。

反響が得られるキャッチコピーに必要な3つの工夫。

反響が得られるキャッチコピーに必要な3つの工夫。

目に入った瞬間に「おっ」と興味を惹かれ立ち止まってしまうキャッチコピーがあれば、何の興味も抱かれずそのまま素通りされるキャッチコピーもあります。両者の違いは一体どこにあるのでしょう。キャッチコピーはセンスが大事と思われがちですが、キチンとした基本を押さえておけば、初心者でも心配する必要はありません。この記事では、見た人の興味を惹き、反響が得られるキャッチコピーをつくるための3つの工夫をご紹介します。