Magazine

ラクスルマガジンキーワード

キャッチコピー

最新記事一覧

【キャッチコピーの基礎知識】5W1Hでつくる・かんたんキャッチコピー

「いつもキャッチコピーには悩んでしまう」「何を伝えれば、お客様が来てくれるのかわからない」そんな皆様のお悩みにお答えして、今回はキャッチコピーの基礎知識をご紹介します。
キャッチコピーの基本は「お客様がサービスに求めること」と「自社サービスの強み」をマッチさせて伝えることです。今回はお客様が求めるものを「5W1H」で整理して、それぞれに合わせたキャッチコピーをつくる基本パターンをご紹介します。

キャッチコピーに数字を効果的に取り入れる方法

「たった1分で出来る」「60日でガラッと変わる」このように、世の中には数字の入ったキャッチコピーが溢れています。キャッチコピーに限らず、書籍タイトル、広告、チラシ、様々な媒体の中に頻繁に登場する「数字」。ただし、この方法は取り入れるに当たっていくつか気をつけるポイントがあります。そこで本記事では、キャッチコピーの中に効果的に数字を取り入れるために、抑えておくべきポイントをまとめてみました。

想像を掻き立てるキャッチコピーに共通する3つの特徴。

キャッチコピーには、それを見た人間の想像力を掻き立てるものと、そうでないものがあります。前者と後者の違いは、一体どこにあるのでしょうか。この記事では、想像力を掻き立てるキャッチコピーに共通する、3つの特徴を解説していきます。

長いキャッチコピーと短いキャッチコピーの使い分け方

一般的に、キャッチコピーは短くシンプルなものほど良いとされています。それはほとんどの場合、キャッチコピーは見られるのが一瞬であり、その一瞬で相手を惹きつける必要があるからです。しかし、中にはあえて長いキャッチコピーを採用している企業も存在します。長いキャッチコピーと短いキャッチコピー。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。また、それぞれに適した場面や使い方はあるのでしょうか。

差別化で心をつかめ!売れるキャッチコピーの作り方

売りたい商品のキャッチコピーを作ったときにまず考えてほしいことがあります。作ったキャッチコピーはその商品にしか当てはまらないキャッチコピーですか?競合する他の商品にも使えたりしませんか?キャッチコピーのポイントは「差別化」です。オリジナリティを生み出すキャッチコピーの作り方を紹介します。

キャッチコピーは「事実の伝え方」が大きな鍵

いくら製品やサービスの品質が良くても「事実以上の内容」は伝えることができません。そう考えると、キャッチコピーの良し悪しは「事実の伝え方」が肝といえるでしょう。それでは、事実の伝え方が秀逸な3つのコピーを紹介していきます。

効果的なキャッチコピーをつくる上で大事な「3つの心得」

「チラシや広告に効果的なキャッチコピーを入れたい!」と思うのはみな同じです。しかし、実際にコピーをつくった経験が無ければ、何を大事にしたらいいのか分かりません。そこで今回は誰もが押さえておきたい「3つの心得」をご紹介します。

「営業時間の長さ」をアピールするキャッチコピーとは?

営業時間の設定は企業にとって重要な要素です。早朝から深夜、もしくは24時間営業といった営業時間の長い企業はその利点をうまく伝えたいものです。この記事では「営業時間の長さ」を上手く伝えるための3つのキーワードをご紹介します。

一般的によく使われる、キャッチコピーの「3つの手法」

世間には無数のチラシとそれに書かれたキャッチコピーが溢れています。しかし、どのキャッチコピーにもいくつかの共通点があり、読み手を惹きつける特徴があるのです。この記事ではキャッチコピーでよく使われる、代表的な3つの手法をご紹介します。

キャッチコピーにおける差別化「3つの方法」

キャッチコピーにはいくつかの法則がありますが、その中でも「差別化」はオーソドックスかつ効果的な方法です。「他のチラシと差別化をしよう!」と漠然と考えるのではなく、以下の3つの方法を自社のケースに落とし込んでみてはいかがでしょう。

伝わるキャッチコピーと伝わらないキャッチコピーの3つの違い

キャッチコピーなんて言葉遊びだなんて思っていませんか。自分の言いたいことを文にして伝えればいいのでしょ?なんて思って思いついた言葉を書いて失敗したことありませんか?お客様の反響を得られるキャッチコピーとそうでないキャッチコピーの明確な違いがあります。その違いについて説明するとしましょう。

初心者でも簡単にキャッチコピーが作れるちょっとしたテクニック

デザインの中にキャッチコピーを使うことは非常に有効です。特に写真やイラストではなく、キャッチコピーを中心に据えることで成約率を高く保っているチラシも存在します。今回は初心者の方でもカンタンにキャッチコピーが作れるテクニックをご紹介します。

塾のキャッチコピーに欠かせない3つのキーワード。

日本には数多くの学習塾があります。月々の月謝は決して安いものではありません。そのため、塾に通ってもらうためには「お金を払ってでも学校よりよい教育が受けられる」と顧客に思ってもらう必要があるのです。そう思ってもらえるために欠かせない3つのポイントをご紹介します。

効果的なキャッチコピーは視点を変えることから作られる

お客様の心に伝わるキャッチコピーを作るためには、お客様として、お店として、そしてデザイナーとしての3つの視点からじっくりとキーワードを探しましょう。それぞれの目線で考えることで商品の魅力が見えてきます。お店やデザイナーのアピールしたいポイントやコンセプトを理解しましょう。

語尾の使い方がキャッチコピーに与える影響とは?

「語尾」。キャッチコピーでは「単語」に焦点が当てられがちですが、実は語尾がすこし違うだけで与える印象は大きく変わってきます。キャッチコピーのような短い文章なら尚更。この記事では3つの語尾表現方法について、その与える印象や適した場面などをご紹介します。

キャッチコピーに「リズム」を取り入れよう

短く印象に残るキャッチコピーに欠かせないのが「リズム」の良さです。日本人には、古来より好んできた言葉のリズムがあります。多くの人の耳に残りやすいリズムを取り入れることで、キャッチコピーの印象も強くなります。

文字だけじゃない!デザインやメロディだって立派なキャッチコピー!?

皆さんはキャッチコピーと言うと、どんなものを思い浮かべますか?多くの方は短い文章や、キャッチーな言葉で人を引き付けるものを想像されると思います。ですが、デザインやメロディだって実は立派なキャッチコピーなんです。そこで、今回は文字ではないキャッチコピーで表現できることについて見ていきたいと思います。

ダイレクトに想いを伝える「イメージキャッチコピー」

一口にキャッチコピーと言っても、そのパターンは様々あります。何かを問いかけたり、伝えたいメッセージを伝えたり…。 その中でも、シンプルでダイレクトに商品の特徴を伝えられるのは「イメージキャッチコピー」です。今回は、そんなイメージキャッチコピーについて見ていきましょう。

キャッチコピーと説明コピーとは?その関係性を理解しよう!

皆さんは「説明コピー」というものをご存知ですか?その名の通り、キャッチコピーをさらに詳しく説明するためのコピーのことを言いますが、意外とこの説明コピーが実は大切な役割をしています。そこで、今回はキャッチコピーと説明コピーの関係性について見ていきたいと思います。

続きが気になる!読ませるコピーのカギは未完成!?

作り手がどんなに思いを込めてキャッチコピーを作っても、誰も読んでくれなければその効果は期待できません。では、どのようにキャッチコピーを作ると、人に読んでもらうことが出来るのでしょうか?そんな疑問を解決するため、今回は読ませるキャッチコピーを作るポイントをご紹介いたします。

思わず見入ってしまうキャッチコピー[3つの特徴]

現代は情報化社会。たった1日で何万という言葉のシャワーを無意識に浴びています。そんな情報過多の生活の中、見た者の心を捉えて離さない。一瞬で心を奪ってしまう。そんなキャッチコピーにはどのような共通点があるのでしょうか?

【力強さと説得力】男性に好まれるキャッチコピーの秘密

男性は、女性に比べると買い物の機会も、ショッピングを趣味とする比率も少ないように思われます。では、男性にとって効果的なフレーズはどのようなものでしょうか?男性の行動の由来や考え方を理解してみると、キャッチコピーにも特徴が見えてきます。

この色はどんなイメージ!?色を効果的に使ったキャッチコピー

世の中には実にたくさんの色が溢れていますが、その色一つひとつにはそれぞれのイメージがあります。キャッチコピーの中にも、色が持つイメージをうまく取り入れることで、印象がグッと変わります。そこで、今回は色を効果的に使ったキャッチコピーについて見ていきましょう。