Magazine

ラクスルマガジンキーワード

うちわ

最新記事一覧

【5/31まで】うちわ印刷超早割り30%オフ実施中!夏の販促・ノベルティのご準備はお早めに

【5/31まで】うちわ印刷超早割り30%オフ実施中!夏の販促・ノベルティのご準備はお早めに

ゴールデンウィークを迎え、屋外でのイベントも増えてきて、街中でうちわを見かける機会も増えてきたのではないでしょうか?うちわは宣伝効果が高いので夏の販促・ノベルティグッズの定番として様々な店舗・施設で配られます。
ラクスルでは5/31までうちわ印刷を30%オフで提供しております。まだ夏の準備は早いと思っていた方もおトクな今のうちにぜひご検討ください。

【最大72%オフ】新年度応援SALE開催中【4/26まで】

【最大72%オフ】新年度応援SALE開催中【4/26まで】

新年度応援SALEは終了しました。

新年度は新たな生活が始まる人も多く、新規のお客様の獲得には最適なタイミングです。また部署や役職が変わったりと名刺や社内備品を新たに用意したりするタイミングでもあります。
そこでラクスルでは新年度応援SALEと題しまして、最大72%オフの大幅値下げを実施します。チラシ・フライヤー冊子・カタログ名刺うちわの4商品が大変おトクになっております。春の販促にはもちろん、ゴールデンウィークのイベント集客などにぜひご活用ください。

“20% OFF”キャンペーン実施中! ラクスルのうちわ印刷

※このキャンペーンはすでに終了しております。

いよいよ暑い夏が始まります!イベントが盛りだくさんの夏休みに向けて、主催者の方々は本格的に準備し始める頃ではないでしょうか。そこで是非オススメしたいのが、夏のイベントに大活躍のうちわ印刷です。
今回はノベルティの定番であるうちわ印刷のオススメポイントと活用例をご紹介します。

5月のおすすめ商品情報

折りパンフレット、封筒など5月のおすすめ商品情報

ゴールデンウィークのイベントも一段落して次は夏のイベント集客に向けて準備を始める方も多いと思います。夏の販促ツールの定番であるうちわはもちろん、パンフレットなどもこの時期はよくご利用されます。今回の特集では5月のおすすめ商品をご紹介します。

うちわ広告作成のメリットと注意点

チラシ配布方法には、紙のチラシやポケットティッシュ広告などがありますが、うちわ広告を販促として使用したことはありますか?どの広告も宣伝効果がありそれぞれのメリットがありますが、うちわ広告は他の広告方法にはない大きなメリットがあるのです。
この記事ではうちわ広告のメリットやうちわ配布場所の決め方について紹介していきます。

販促用うちわは簡単に作れて宣伝効果絶大!

販促を行う際に一番に思いつくのはチラシだと思いますが、チラシ以外にも効果的な販促用品は色々とあります。その一例がうちわ。チラシのように読んだ後は捨てるしかないものではなく、暑い時に仰いだり、酢飯を冷ますなどの料理に使うこともできるので、手にとってもらえる可能性が高くなります。この記事では、どのような販促にうちわが向いているのか、またうちわを作るのに最適な用紙の特徴などを紹介します。

うちわのサイズは用途に合わせて選びましょう

うちわにはさまざまなサイズがあります。どんな目的でうちわを作るのか、どのような印刷物を貼り付けるのかによってぴったりのサイズは変わってきます。
この記事ではうちわのサイズごとのおすすめ用途を紹介していきます。

販促にも使える!うちわのデザインアイデア集

うちわはデザインによって高齢者に好まれる渋いアイテムにも、若い女性に好まれるかわいらしいアイテムにもなるもの。
印刷物を骨組みに貼り付けるだけでなく、骨組み自体がないデザインなどさまざまなタイプがあります。
この記事ではうちわのデザインのアイデアを紹介します。

販促うちわ、どんな効果があるの?

夏場のノベルティの定番であるうちわは、イベントや街頭、店舗など様々な場所で配布され、実用性も高いことから目にする機会も多いと思います。これだけ多く目にするのはそれだけうちわの宣伝効果が高いからに他なりません。ここでは、うちわの販促効果について見ていきたいと思います。

うちわを広告に使うメリット

広告は大きく分けて、マス広告、SP広告、ネット広告に分類されます。
マス広告はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など、日本全国を対象として、広く認知させたい時に利用されます。ネット広告は、インターネットを利用した広告で、比較的新しいメディアです。SP広告は、マス広告に比べると、より購買行動に近い場面で利用される広告メディアです。DMやチラシ、交通広告、POPなどが代表的なSP広告で、うちわもSP広告の中に位置付けられています。
今回はそんなSP広告としてのうちわを活用するメリットについてみていきます。

喜んで受け取ってもらえるうちわ広告を作りたいですか?

夏といえばうちわ。日本では古くから暑さをしのぐために使われてきた実用的な道具です。そして、最近では夏場の広告に多く使われるものでもあります。
なぜ多くの企業がこぞってうちわ広告を配布するのでしょうか。この記事では企業がうちわ広告のどのような点に魅力を感じているのか、またどのような効果があるのかを説明します。

同人イベントでおすすめのノベルティーとその制作方法

矢野経済研究所の調査によると2015年度のキャラクタービジネスの市場規模は2兆4200億円で、3年連続で成長しています。 特徴としては、大ヒットキャラクターはないものの、定番キャラクターが堅実に推移し、メディアミックスを通じて、キャラクターの認知を拡大し、キャラクターの長寿命化を進めています。
分野別には、玩具を中心とした商品化権市場は玩具分野が伸び悩みましたが、大人向けの衣料品、服飾雑貨の分野では好調でした。版権市場はキャラクターのリブランドや、セールスプロモーション分野が好調でした。
今回は、そのような市場環境を踏まえ、同人イベントでおすすめのノベルティーとその制作方法について見ていきたいと思います。

【夏の定番!】ラクスルのオリジナルうちわ印刷

【夏の定番!】ラクスルのオリジナルうちわ印刷

いよいよ暑〜い夏が始まります!さて、イベントが盛りだくさんの夏休みに向けて主催者の方々は、準備が本格的になってくる頃ではないでしょうか。そこで是非オススメしたいのが、夏のイベントに大活躍!ラクスルのオリジナルうちわ印刷です!
今回はオリジナルうちわ印刷の活用例や注文方法、入稿データ作成時の注意点をご紹介いたします!

うちわと扇子と清涼感

うちわと扇子(せんす)、似たようなツールですが、最近はエアコンなどが普及してきて、日常生活では見る機会が少なくなりました。しかし、夏の花火大会やお祭りでは、欠かせない涼をとる風情のあるツールです。
今回はうちわと扇子の清涼感についてまとめていきたいと思います。

【徹底調査】うちわの販促利用あれこれ

【徹底調査】うちわの販促利用あれこれ

年夏にかかせないものといえば「うちわ」ですよね。 みなさんはよく「うちわ」を使いますか? うちわ(団扇)は、祭り・花火大会などのイベントの小道具や、販促用のノベルティとしての用途のほか、ライブ・コンサートでの応援用グッズとしての人気も根強く、幅広いシーンで利用されています。 中でも販促用ノベルティとしての有用性は高く、両面に文字やイラストなどのオリジナルデザインを入れて、キャンペーンや店の名前をアピールすることが可能です。 常に手に持って扇いでくれるという特性上、うちわ(団扇)を受け取った本人に対してだけではなく、周りにいる人にも、宣伝効果が見込めます。 今回は、そんなうちわの利用用途について何点かご紹介したいと思います。