オリジナルTシャツを作るときに著作権侵害となるデザイン例を解説

お揃いで作るオリジナルTシャツに、他の人や企業が作った著作物(漫画やイラスト・写真・企業のロゴマークなど)をプリントした場合、著作権や商標権を含む「知的財産権」を侵害するおそれがあります。 オリジナルTシャツのデザインが、第三者の知的財産権を侵害しないよう「原則として著作者の許可を得ていないデザインを使わない」ことを覚えておきましょう。 この記事では、著作権や商標権の観点からオリジナルTシャツに使用できないデザイン例や、デザイン上のチェックポイントをそれぞれ解説します。

著作権を守ってオリジナルTシャツを作る3つのポイント

オリジナルTシャツに使用できないデザインの事例

著作権が消滅する「保護期間」のチェックポイント

写真をTシャツのデザインに使用するときは肖像権に配慮する

前の記事【最小1部から印刷可能】シールを小ロッ... 次の記事同人活動では名刺で繋がりが増える!作り...

関連キーワード