通常のサイズだけじゃない、色々な大きさや形の名刺

日本の名刺の標準サイズは、名刺4号、あるいは東京4号と呼ばれる、55x91mmのサイズが一般的です。なぜこのサイズに落ち着いたかについては諸説ありますが、昔の尺貫法から由来するという説が知られています。その真意についてはここでは触れませんが、長い年月の間に55x91mmが標準的なサイズとして定着しました。しかし、印刷通販などのサイトを見ると、このサイズ以外にも多様なサイズ、カタチの名刺が用意されています。今回は、名刺のサイズ、カタチについて整理したいと思います。

名刺サイズ、カタチのバラエティー

プロモーション訴求力や、付加機能の強化

サイズとカタチでサプライズ

面白さで注目を集める

まとめ

前の記事フォントは冊子の雰囲気を決める重要な要素 次の記事商売繁盛の秘訣がここに!お店で使える印...

関連キーワード