Magazine

お客様の活用事例や印刷・集客のノウハウなどお役立ち情報

チラシ・フライヤー

最新記事一覧

チラシを刷る業界って?印刷枚数の決め方って、どうするの?

チラシを刷っている業界というと、どのような業界をイメージしますか?様々な業界でチラシというのが刷られていますが、主にどういった業界で、どのような目的で刷られているのかご存知ないでしょう。今回その点について説明していきます。

チラシデザインにおける「字間」と「行間」の調整のコツ。

チラシデザインにおける「字間」と「行間」の調整のコツ

写真や配色、内容にばかり目がいきがちなチラシのデザイン。そこでよく見落とされるのが「字間」「行間」といった文字と文字の距離です。実はこの2つを少し調節するだけで、チラシの見やすさはグッと上がるのです。

なぜチラシは「捨てられても配るべき」なのか?

なぜチラシは「捨てられても配るべき」なのか?

よく、街中でチラシやティッシュを配っている店員さんを見かけることがあると思います。しかし、その受け取ったチラシやティッシュをどれほどの人が使うでしょうか?中には利用する人もいるかもしれませんが、多くの場合は捨てられてしまうはずです。それでも店員さんがチラシを配り続ける理由は何なのでしょうか?

チラシの「薄い紙」と「厚い紙」を使い分けるポイントは?

チラシの「薄い紙」と「厚い紙」を使い分けるポイントは?

チラシはデザインや配色、フォントなど様々な要素で構成されますが「紙の厚さ」も仕上がりを左右する重要な要素です。薄い紙と厚い紙にはそれぞれ特徴があり、用途によって使い分ける必要があります。その使い分けに関してもポイントをご紹介します。

なぜ、今チラシ?その理由3つを徹底的に説明します!

チラシの「白黒」と「カラー」。印刷における使い分け方は?

チラシには大きく分けて「白黒印刷」と「カラー印刷」があります。カラー印刷はさらに「1色」「2色」「3色」「4色」といった風に細分化されている場合がほとんどです。チラシを印刷する際、この2つの印刷方法を使い分けるポイントはどういったところにあるのでしょう?

ブランドの「高級感」のみを伝えるチラシとは?

ブランドの「高級感」のみを伝えるチラシとは?

企業経営において価格競争はできるだけ避けたいもの。大企業など資本がある所はまだいいですが、中小企業が価格競争に陥ってしまえば多くの場合はジリ貧になってしまいます。そんな価格競争のアリ地獄にはまってしまわないために、「高級感のみ」を打ち出したチラシをつくるのも戦略のひとつです。それでは、そういったチラシに欠かせないポイントをご紹介していきます。

「安さ」を訴求できるチラシのデザインとは?

「安さ」を訴求できるチラシのデザインとは?

広告やチラシはSALEの際に配布することがほとんどです。いつもよりお得なっている商品やサービスを、どうすれば効果的に伝えることができるのでしょう?読み手に「安い」と思ってもらえる、3つのポイントをご紹介します。

配布するチラシと置きチラシの具体的な違いとは?

チラシの「パウチ加工」の意味と活用方法

「パウチ加工」とは紙をコーティングする加工で、ラミネートと呼ばれることもある方法です。日常生活よく見かけるこの加工方法は、一体どんな意味や効果があるのでしょう。パウチした紙とその活用方法とともにご紹介します。

「何度も見られる」保存性の高いチラシを作るポイントとは?

「何度も見られる」保存性の高いチラシを作るポイントとは?

一般的にチラシの保存期間は「一ヶ月」とされています。Eメールや週刊誌など、他の集客手段に比べて保存期間が長いのがチラシの特徴です。そんなチラシの中でも「すぐ捨てられるチラシ」と「中々捨てられないチラシ」の違いはどこにあるのでしょうか?

チラシの「ペラ」「二つ折り」「三つ折り」の使い分け方は?

チラシの「ペラ」「二つ折り」「三つ折り」の使い分け方は?

チラシのデザインには様々なものがあります。普段よく目にする一枚のみのチラシは「ペラ」と呼ばれ、リーフレットやパンフレットなどによく使われる折りたたみ式のものは「二つ折り」「三つ折り」といった呼ばれ方をします。この記事では、それぞれの特徴と用途に応じた使い分け方をご紹介します。

チラシもポスターも大胆デザインで目立て!思い切ったデザイン方法3選

チラシを作ってみても、何か目立たないなぁという仕上がりになってしまうこと有りますよね。そこで、今回はセオリーを応用して、大胆に目立つデザインの方法を3つお送りいたします。みなさまの用途に合わせて、これだ!と思ったら、使ってみてください。埋もれてしまいがちなチラシも、思わず見てしまうデザインを作ることができますよ。

レイアウトで差がつく!チラシデザイン

レイアウトで差がつく!チラシデザイン

集客効果の高いチラシを制作する際に重要となるのが、パッと見の「わかりやすさ」「見やすさ」です。では、「わかりやすい」「見やすい」チラシを製作するのにはどうしたらよいのか?答えは簡単。チラシの「レイアウト」を整えるだけで、「わかりやすさ」「見やすさ」は飛躍的に向上します。今回は誰でも簡単に実践できるレイアウトの5つのポイントを紹介します。

チラシに使える魅力的な写真をスマホカメラで撮るコツ

チラシに使える魅力的な写真をスマホカメラで撮るコツ

チラシの出来は写真の出来で決まる、と言われるほど、チラシにおける写真の役割は重要な要素です。そこでおススメなのがスマートフォンのカメラ。最近では、飛躍的に性能が向上していますので、工夫次第で十分にチラシに使用できる写真が撮れます。今回はスマホで魅力的な写真を撮る6つのコツを紹介しちゃいます。

チラシ制作のヒントが得られる、顧客アンケートのススメ

チラシ制作のヒントが得られる、顧客アンケートのススメ

いざチラシを作ろう、と思ったはいいものの、誰にどんなメッセージを訴求したらいいかわからない。チラシは作ったけど、訴求内容が全然顧客に届いていない。そんなときに、おススメな解決法が「顧客アンケート」。その理由を説明していきましょう。

チラシの効果測定ってどうやればいいの?

チラシの効果測定ってどうやればいいの?

チラシを作って、配布してはみたものの、その結果に関して、なんとなく効果があった、なんとなく効果がなかった、と曖昧なまま放置していませんか?
効果的な集客を行うには、しっかりとチラシの効果測定を行い、次の集客施策に活かす必要があります。では、具体的にどうやって効果測定を行うのか、どんな数字に着目すべきか、説明したいと思います。

デザインテクニック。チラシでメリハリをつける方法

デザインテクニック。チラシでメリハリをつける方法

広告の2大要素といえば、写真とキャッチコピー。パッと見の印象はこの2つでほとんど決まります。他の部分を読み込んでもらえるかどうかは、写真とキャッチコピー次第。
今回は、キャッチコピーのテクニックをいくつか紹介します。

チラシ制作に関する横文字職種をご紹介

チラシ制作に関する横文字職種をご紹介

クリエイティブ系職種と呼ばれている人たちで、横文字の肩書きが多い!しかしながら、一体どの名前の人が何をやっているのかわからないのが現状。とはいえ、本人にも聞けないし、周りの人に聞くのもちょっと恥ずかしいですよね。紙の媒体に絞って、それぞれどんなことをやっているのかをご紹介します。

みんな、こんな風に損している~チラシの赤入れで気づいたことのご報告~

みんな、こんな風に損している~チラシの赤入れで気づいたことのご報告~

先日、「【特集】チラシ(ポスティングや折込み広告)でより効果を出す方法」にて、編集Yこと私、安井がお送りいただいたチラシに赤入れさせていただきました。そちらを元に、気づいたことをお伝えさせていただきたいと思います。その時に赤入れした内容の考え方をお伝えいたします。

広告の基礎知識。チラシの内容はどう作れば良いのか?

広告の基礎知識。チラシの内容はどう作れば良いのか?

集客って、本当に難しいですよね。来て欲しい来て欲しいと思ってみても、意外とお客様は来てくれないし。思ってもみないことで、お客様が来てくれたりします。それをコントロールできるようになったら、広告としては合格。お客様に来て、お金をいただけるようにチラシの内容の考え方をお伝えします。