Illustratorでの印刷品質向上のためのチェックポイント

印刷品質向上の為にチェックをお勧めしている項目

  • フチなし印刷される場合「塗り足し」を作成し、「切れてはいけない文字・図版」は仕上がり位置より3mm以上内側に収めていますか?
    →塗り足しと文字位置
  • CMYKカラーモード(もしくはグレースケール)になっていますか?

    ※RGBや特色は使用されていませんか?(全てプロセスカラーにしてください)

    →カラー設定
    →グレースケールの設定

  • 薄い色味を使用していませんか? あまりに色味が薄い場合、印刷に反映されない可能性があります。

    ※イラストレーター・フォトショップ等のCMYKカラーで色設定が可能なアプリケーションに関しては、CMYK各色を足した数値が6%以上、できれば10%以上に設定してください。

  • デザインの中で小さすぎる文字は使用していませんか?

    ※文字のサイズが6pt未満の場合、フォントや色の濃度によっては文字がつぶれたり、かすれたりする可能性がございます。

  • 印刷しないオブジェクトや文字は削除していますか?
  • 線は0.1mm(0.3pt)以上に設定していますか?

    ※線が細いと印刷に反映されないため、弊社のデータチェックで印刷可能な太さに修正する場合がございます。
    ※小さな文字に直接線の設定を入れると(フチ文字等)、文字潰れやかすれの原因となります。

    →線の設定 
    →文字の縁取りの設定

  • データの重すぎる画像を配置していたり、複雑なパスを使用してデータが重くなっていませんか?

    ※大きすぎる画像を配置している場合や、パス数が多くデータが重い場合、ラクスルでファイルを開くことができない可能性があります。画像は適切なデータサイズに修正するかラスタライズ処理を行ってください。

    →ラスタライズについて

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった