【紙マーケティング特集】第一弾:折込チラシ

オンライン上で簡単に折込を発注

オンライン上で簡単に折込を発注できる!

紙を用いたマーケティングはいくつかありますが、
今回はその中でも日常的に多く目にする「折込チラシ」のご紹介です!

ラクスルの折込チラシは印刷から配布まで全て一気通貫で承ります。
印刷会社と折込会社の手配を別々に行う必要がないので、
コミュニケーションも必要最小限で収まります。

ご注文の方法も至って簡単!(下記で詳細をご説明)
実際に配布する地域を地図上で確認しながらご注文いただけるので、
安心してご利用いただけます。

マーケティングはビジネスをする上で必要不可欠!

お店の集客やキャンペーンの告知などに、
ラクスルの折込チラシを利用してみるのはいかがでしょうか?

■折込チラシ購入の流れ

折込日と印刷物の使用を選択

・折込希望日と配布するチラシのサイズと紙種を選びます
※ 最短で15日後に折込が可能です

折込地域の選定

・折込を実施したい地域を入力します
・自動で地図が変わりますので、円の大きさを調節し配布したい範囲を指定します

注文内容確認とお支払い

・折込地域や印刷物の仕様にお間違いがないか確認します
・問題がなければお支払い方法を選択しデータの入稿へと進みます

チラシ審査

・折込を実施する上で問題がないかチラシの内容を確認します
・審査を通れば印刷工程へと進み、ご選択いただいた折込日に配布します

折込チラシを注文する

■折込のチラシ審査を通るためのポイント

折込を実施する前には、日本新聞協会の「折込広告取扱基準」基づいた、
チラシの事前審査があります。
ここではその審査を通るための重要なポイントをご紹介いたします!

1)責任の所在とチラシの内容を明瞭にする
→ フリーダイヤル以外の電話番号を記載する
→ 何かあった場合にすぐ連絡できる連絡先を用意

2)虚偽または誤認されないようにする
→ 「日本一」「業界一」などの最大・最大級の表現は避ける

3)関係諸法規の確認をしっかりとする
→ 特に医療関係やエステ関係などは要注意です

折込のチラシ審査を通るためのポイント

■折込実施後のこともしっかりと考える

折込実施前にもう一つ考えておかないといけないのが、
反響を測定する方法です。

配布をしてみたものの実際にどれほど効果があったか検証しないと、
何をどう改善すればいいのかなどの次回策が考えられません。

反響の指標(集客なのか、購入なのかなど)は様々ですが、
反響を測る方法の例として下記のようなものがあります。

・チラシを見た方限定のメニューを提供(レストラン、居酒屋など)
・チラシに記載されているキャンペーン番号で商品をプレゼント
・割引クーポンコードをつけたチラシ各地域でを配布

反響率を測る手法を考える
折込チラシを注文する