【特集】初心者必見!効果の出るチラシ作成のコツ

image
イベントの集客やセール告知などチラシを作成する目的は様々ですが、読んでくれた人に何かしらのアクションを期待するという点では共通していると思います。ではその効果を高めるためにはどのようにしてチラシを作成すればよいのでしょうか?今回は特にはじめてチラシを作成する方向けに効果の出るチラシ作成のコツを目的から掘り下げる形で紹介していきたいと思います。

1チラシ作成の目的を明確にする

image
まずはチラシを読んでくれた人にどのようなアクションを取ってもらいたいのかを明確にしましょう。来店数を増やしたいのか、お問い合わせや資料請求を増やしたいのかといったゴール設定が明確になることでどのようなレイアウトにすべきか、どこを目立たせるべきかがはっきりしてくると思います。
また、目的が明確になることで具体的な目標も立てやすくなり、効果測定もしやすくなるはずです。
チラシの効果測定については以下の特集も参考にしてみて下さい。
【特集】チラシの効果測定ってどうやればいいの?

2目線の動きを意識してチラシのデザインを工夫する

image
目立たせるべきポイント、一番伝えたい情報が定まったと思いますが、ではそれらをチラシのどこに配置するべきでしょうか?
そこで意識したいのは人間の目線の動きです。人間の目線は左上から右下に、また右上から左下に流れます。これは本を読むときの目線の動きと一致しているので、横書きなら左上、縦書きなら右上に重要な情報をキャッチとして掲載することでより目立たせることが出来るはずです。
チラシデザインの考え方については以下の特集が役立ちます。
【特集】デザインの基礎知識。チラシデザインはどうやって作れば良いの?

3情報量や文字数を絞ってシンプルな構成のチラシにする

image
ここまでで大まかなレイアウトやメインとなるキャッチが決まったので細部の肉付けをしていく段階となりますが、ここで気を付けてほしいのが情報量です。
あれもこれもと伝えたい情報を追加していくと結局何を伝えたいのかがよく分からないチラシになってしまいます。そのため最初の項目に立ち返って目的を達成するために必要な情報なのかどうか、どの程度詳しく説明する必要があるのかどうかを吟味して情報量・文字数を絞りましょう。
以下の特集も参考にどうぞ。
【特集】チラシ(ポスティングや折込み広告)でより効果を出す方法

4まとめ

いかがでしたでしょうか?
何となくチラシを作ってしまうと情報量に過不足が生じたりポイントがはっきりしなくなって読む人にとって分かりにくいチラシとなってしまいます。チラシを作成する目的から掘り下げて考えていくことでちゃんと伝えたいことが伝わるチラシに出来るはずです。
ラクスルでは1枚1.1円からと安価にチラシを印刷出来るので、ここで紹介したポイントを参考に効果の出るチラシ作成にチャレンジしてみてください。

チラシ・フライヤー印刷はこちら