【保存版】チラシの紙サイズ別お勧め利用用途!

image
チラシにはA版とB版があり、サイズA3からB8まで沢山あるので、どんな用途の場合にどのサイズを選べばいいのか分かりませんよね。 そこで今回は保存版として、代表的な仕様であるA4、B4、A3、それぞれのおススメ利用用途をご紹介します。 是非チラシ集客の参考にしてください。

1最も一般的なA4サイズ

image
A4サイズはチラシのなかでも最も一般的なサイズです。 実際の大きさは297×210mmとなっており、縦長でのご利用が多くなっております。 A4サイズ印刷の利用用途としては、新規店舗のオープンから、新商品の告知、ポスティングや新聞折込での配布用まで様々です。
そのためどのサイズを選べばいいか迷った場合はや、チラシ印刷は初めてという方はA4サイズチラシの利用をお勧めいたします。 A4サイズチラシ印刷はこちら

2新聞折込での利用が多いB4サイズ

image
B4サイズは新聞折込などでは一般的なサイズです。 実際の大きさは364×257mmとなっており、横長でのご利用が多くなっております。 B4サイズチラシの利用用途としては、不動産や冠婚葬祭、美容関連など新聞折込での 販促に重きを置いている業界でのご利用が非常に多いです。
そのため新聞折込を検討されている方、新聞折込で利用したデザインデータをそのまま利用したい方はB4サイズチラシをお勧めいたします。 B4サイズチラシ印刷はこちら

3情報量を多く掲載できるA3サイズ

image
A3サイズはA4サイズの2倍の情報量を掲載することができるのが特徴です。 実際の大きさは420×297mmとなっており、二つ折りなどの折加工を施したご利用が多くなっております。そのため小売店の特売情報や新築マンションの紹介など、沢山の情報量を掲載する必要がある場合の利用が大半です。
そのためA4サイズチラシでは情報量が多くて伝えきれない場合は、A3サイズチラシでのご利用をお勧めいたします。 A3サイズチラシ印刷はこちら