プレゼン資料印刷

大量に配布資料がある場合は、raksul(ラクスル)のビジネス資料印刷がとてもおススメ。
ご存知かどうか分かりませんが、備え付けのプリンターでカラー印刷した場合、実は1ページあたり50円~のコストが掛かっています。
また、印刷機を長時間占有することになり、社内からのクレームも・・・汗
実際にラクスルでビジネス資料印刷をご利用いただいて最大90%のコストカットを実現されたお客様も。
100部からのご利用になりますので、プレゼンテーションや学会などに便利です。

●プレゼン資料の印刷

プレゼン資料の印刷なら、ラクスルのビジネス資料印刷がおすすめです。複数枚の資料を印刷からホチキスで綴じまで行なって納品いたします。

●プレゼン資料とは?

プレゼン資料とは、会社の会議の進行や提案をする際に必要な書類のことです。
議題に就いての内容の要点を抜粋したり、数値での説明をチャート方式に表すことにより、
プレゼンテーションの内容をより説得力のある内容にすることができます。
耳と目から情報を与えることにより、プレゼンテーションの内容をより相手に的確に伝えるという効果もあります。
プレゼン資料作りは、会議の成功に関わる大変重要な作業で、これを上手に作れる存在は管理職の懐刀的存在になれるのです。

環境問題やコストダウンの観点から、昨今の印刷の主流はモノクロになっておりますが、
部数によってはそれよりもお安くカラー印刷が実現できることも。
プレゼンテーションとコストの両面に強いビジネスマンにおススメです。

●プレゼン資料を作るときのポイント

プレゼン資料を作る時のポイントは、とにかく分かり易くすることです。
難しいプロジェクトの時ほど、明確に内容を相手に伝える必要がある為、チャートや挿入画像の存在が重要になります。
カラフル過ぎても目が疲れてどこにポイントがあるのか分からなくなりますので、
本当に必要な部分を強調するようなデザインが好ましいでしょう。
また、プレゼン資料は1枚に1つのことを言うことが好ましいとされています。

プレゼンテーション資料を制作する必要ソフトとしてはMicrosoft社のパワーポイントが一般的で、
チャートや画像を使った定型のプレゼン資料が連続的に作成できます。
文章を入れる時は、議題に沿って簡潔に、見出し形式で作ると見易くなります。
すべてのことを考慮すると、図や写真などを見やすくするには白黒よりも、やはりカラーがおススメですね。